フケの種類と原因を知ろう。フケによる頭皮のトラブルを回避するには?

「髪を毎日丁寧に洗っているはずなのに、いつの間にか肩口にフケがついている」という経験をする人は少なくありません。「周りの目が気になってしまい、黒や紺の服を着ることができない」「いつも肩の上を気にしながら歩いている」という人すらいるほどです。実際、年齢や性別に関わりなく、フケの大量発生で悩んでいる人は大勢います。では、そもそもフケとはどこから来るのでしょうか。その主な原因について考察してみましょう。また、フケの症状を抑える方法や、オススメの頭皮ケアアイテムなどもご紹介しましょう。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

髪の毛にいつの間にか付着している「フケ」とは何?

「フケ」は頭皮の新陳代謝によって発生する症状であり、病気ではありません。正確には「雲脂」と記載されます。人間の体を組成している細胞は一定周期ですべて更新されており、頭皮も例外ではありません。若干の個人差はあるものの、基本的には28日から30日前後ですべての皮膚が新しくなります。そこで新しくなった皮膚の上から古くなって剥がれ落ちた角質が「フケ」となるわけです。フケは1つ1つが非常に小さく、シャンプーで洗髪をすることできれいに洗い流されるので、色の濃い服を着ているのでない限り、あまり周りの人の目に付くことはないはずです。

とはいえ、中には非常に大きな塊となっていたり、大量に肩の周りへ落ちていたりする人もいます。また、少し髪の毛を触るだけでフケがバラバラと見える形で舞うように落ちるケースもあります。加えて、頭皮を触ったら何カ所も腫れあがっていたり、常に強いかゆみを感じたりする人もいます。こうした症状が見られるならそれは頭皮環境が健康ではなく、なんらかの理由で異常な状態になっている可能性が高い、と言えるでしょう。こうした状況を改善するためには、原因をきちんと知って、ふさわしい対処方法を講じる必要があります。

フケの種類は大きく分けて2つある

フケが発生する仕組みは1つしかありません。とはいえ、フケの種類は「さらさらした乾性タイプ」と「べたべたした脂性タイプ」の2つがあります。これらの違いが生じるのは一体なぜでしょうか。また、どうすればそれぞれの症状を改善できるのかについてもチェックして行きましょう。

乾性フケの特徴に迫る

「乾性フケ」とは、頭皮の表面が非常に乾燥しているため、カラカラのフケが大量にはがれおちていく状態です。乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎を患っている人はこの症状が出やすいとされています。特に乾燥しやすい冬場は症状が悪化することが多く、髪の毛全体に小さなフケが付着していたり、少し頭を動かすだけで肩の周りに白っぽい粉が落ちてきたりします。朝起きると、枕全体にフケが落ちていたり、布団にまで付着していたりすることもあります。毛髪全体をブラッシングしてフケを落とそうとしても、すぐにまた表面がはがれてきてしまう、という辛い状況になります。

脂性フケの特徴とは?

「脂性フケ」とは、頭皮で皮脂が大量に分泌されていて、それが剥がれた角質にくっついている状態です。固まり1つ1つがとても大きいため、肩の周りや髪の毛に付着していると非常に目立ちます。また、直接触ると表面がかなりべたべたしているのが分かります。脂分が多いと雑菌が繁殖しやすくなり、衛生環境が非常に悪くなります。加えて、毛穴が皮脂で詰まっている事が多く、抜け毛の先端を確認してみると皮脂がべったりと付着しているのが分かるでしょう。脂性フケの人はきちんと洗髪をしていてもなかなか症状が改善しません。また、雑菌が繁殖することで頭から異臭がする、というケースも非常に多いということを覚えておきましょう。

フケが発生する原因は一体どこにあるのか?

フケの発生は体の新陳代謝機能が正常に働いている証拠と言えます。とはいえ、髪の毛を間近で見たらわかるほど、あるいは肩の周りで目立ってしまうほどの大量発生が見られるなら、それは体調不良のサインとみなすことができるでしょう。では、大量発生が起こる主な原因について詳しく調べてみましょう。

乾性フケが発生する原因を探ろう

「乾性フケ」が発生する主な原因は「肌の乾燥」です。とはいえ、乾燥の原因はさまざまです。生まれつき体全体が乾燥しやすい人もいれば、アトピー性皮膚炎のように免疫力の低下や病気が原因で乾燥肌になってしまう人もいます。加えて、不健康な生活スタイルが発端となってひどい乾燥肌になるケースもあります。たとえば睡眠時間が少なかったり、ストレスの多い環境に置かれていたりすることで体質が変化してしまい、ひどい乾燥肌になったという人は少なくありません。また、UVカットの対処をせずに強い日差しが降り注ぐ中で長期間過ごしていると、頭皮がひどいダメージを受けてしまい、乾燥しやすい状態が続くということもあるようです。

乾燥肌の原因となり得るもう1つの要素は「シャンプー」です。「シャンプーで髪をきちんと洗えば頭皮は清潔な状態に保たれるのだから、乾燥肌になることはないはず」と思う人もいるでしょう。とはいえ、シャンプーの中には界面活性剤を始めとする強力な化学溶剤を配合しているものがあります。もともと肌がそれほど強くない人が、こうした化学溶剤を配合したシャンプーを使い続けていくことで、徐々に頭皮の抵抗力が奪われていき、やがてひどい乾燥肌を発症する、というケースは意外と多いのです。

一般に「クール系」と呼ばれるメントールを配合したシャンプーにも注意が必要です。これらのシャンプーはスーッとした感覚を得られるため、大変人気があります。とはいえ、肌への刺激や負担は一般的なシャンプーよりも大きいのです。そのため、長期間継続的に使用することで、肌の乾燥を引き起こす可能性がある、ということを覚えておきましょう。現時点はフケの大量発生が見られていない人でも、「洗髪をした後はなんとなく頭皮がかゆくなる」「お風呂から上がった後に頭をさわるとガサガサした感じがする」という場合には、使用しているシャンプーの成分をチェックしてみることをオススメします。

脂性フケが発生する原因はこれだ

「脂性フケ」が発生する主な原因は「皮脂の大量発生」です。皮脂の量は体質に依存する部分が多く、基本的には女性よりも男性の方が分泌量は多いとされています。一方、睡眠不足や食生活の乱れが引き金となって皮脂が大量に分泌されるようになる、というケースもよくあります。特に30代から50代の男性で、外食を頻繁にする人たちにこの傾向が広く見られているようです。インスタントラーメンを始めとする炭水化物の多い食事や、ショートニングなど質の悪い脂分を使ったお菓子あるいは揚げ物などをいつも食べていると、腸や肝臓に大きな負担がかかると同時に、体内には不要な脂分がどんどん蓄積されていきます。緑黄色野菜をほとんど摂取しなかったり、清涼飲料水やジュースをいつも大量に摂取したりしている人も注意が必要です。これらの脂分は血中に蓄積されて体中を循環していきます。その一部は頭皮まで送られて、やがて毛根組織へと染み出していき、皮脂となって毛穴から排出されることになります。こうして大量の皮脂が剥がれ落ちた角質にへばりついた結果、脂性フケとなって落ちていくわけです。

皮脂の産生が多くなると、別の弊害も生じます。頭皮には常在菌の1つである「マラセチア菌」が存在しています。この菌は皮脂を食料として増殖する性質を持っています。そのため、皮脂の分泌量が増えると、それに合わせてマラセチア菌も急激に増加してしまい、結果として頭皮の至るところで炎症を引き起こしてしまうのです。この症状は「脂漏性皮膚炎」と呼ばれています。この炎症は毛穴の周りで起きるため、赤く腫れあがった部分が毛穴をふさいでしまう一方、ひどいかゆみも引き起こします。そこを爪などで引っ掻いてしまうと、皮膚がめくれあがって剥がれ、さらに多くのフケが発生してしまう、ということになります。

炎症が起こるとかゆみを抑えるために抗炎症クリームを塗る人がいますが、クリームを塗布することで毛穴が詰まってしまい、さらに頭皮の環境が悪くなるということがあるのです。また、頭が脂っぽいと感じる人の中には、洗浄成分の高いシャンプーで頭皮をゴシゴシと強く洗う人もいます。これによって一時的に毛穴周りの皮脂をきれいに取り除くことはできます。しかし、皮脂は保護膜の働きもしているため、あまりにもすべてをきれいに取り除いてしまうと、今度は体の免疫機構が「頭皮が保護されていないからもっと皮脂を産出するように」という指示を出してしまうのです。結果として、さらに脂性が進むという悪循環になる可能性があります。

「ホルモンバランスの乱れ」も皮脂の過剰な産生を促す要因となり得ます。睡眠不足や高カロリー食の定常的な摂取、強いストレスやムリなダイエットなどをすると、体内のホルモンバランスが乱れてしまい、女性ホルモンの働きが活発になります。特に女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」を過剰に産生するようになります。このプロゲステロンは、肌の皮脂産生を促す働きがあるため、結果として頭皮の皮脂産生が過剰になるのです。これらに加えて、きちんとお風呂に入らない、シャワーを定期的に浴びないなど、体を清潔な状態に保っていないことが原因となって、頭皮環境が悪化し、脂性フケが異常に増えてしまうということも起こり得ます。

頭皮が乾燥してしまうのはこれが原因

頭皮が乾燥すると、角質だけでなく皮膚の表面も少しの刺激で容易にめくれ上がってしまい、フケが出やすい状態になります。肌が乾燥してしまう原因としては、主に3つのことが考えられます。1つ目は「シャンプーのしすぎ」です。薄毛に悩んでいる人を始めとして、頭皮のケアを重要視している人はとかくシャンプーをし過ぎてしまう傾向が見られます。シャンプーには界面活性剤など刺激の多い成分がたっぷりと配合されているものが多く、それらを使って毎日洗髪していくと、徐々に頭皮の免疫力や保湿力が減少してしまいます。すすぎが足りずにシャンプーの成分が残ってしまった結果、頭皮に大きなダメージを与えてしまうこともあるのです。加えて、スカルプ専用ブラシを使って頭皮を洗浄する際に力を入れすぎると肌の表面に傷が付いてしまい、これが原因となって乾燥肌になることもあります。

2つ目は「不安定な生活スタイル」です。栄養バランスの悪い食事を摂取していると、体内の免疫システムがダメージを受けてしまい、体を保護する機能が徐々に低下していきます。頭皮で産生される皮脂も保護システムの1つであり、免疫が弱くなると産出量が減って、乾燥した状態になってしまうのです。また睡眠不足も大きな影響を及ぼします。体は睡眠中にダメージを受けた箇所の修復を行なっており、特に午後10時から午前2時にかけては健康を維持するために成長ホルモンが活発に分泌されます。この時間帯に目覚めた状態でいると、体内の免疫システムが思うように回復せず、ダメージを負った状態で次の日を迎えることになってしまいます。当然、肌の異常な乾燥状態なども回復することなく放置されてしまう、というわけです。

「冷暖房による温度差」も肌の乾燥を引き起こす主な要因として考えられています。今では家庭でも職場でもほぼすべての場所でエアコンが完備されています。そのため外気温と室内の温度が10度以上違う、というのは珍しいことではありません。夏場であってもクーラーに当たりすぎて冷え症になる人がいるほどです。こうした温度差に体が順応できず、体の免疫系が異常をきたしてしまう、ということは起こり得ます。結果として肌の免疫機能が低下して乾燥肌になってしまうのです。

フケの大量発生によって頭皮にはどんな影響が及ぶのか?

フケが多くなると、頭皮に及ぼすマイナスの影響が2つあります。1つ目は「炎症がおこりやすくなる」こと、そしてもう1つは「抜け毛が多くなる」ことです。

頭皮の角質がはがれてフケが多くなると、頭皮にある毛穴の周りには不要なごみが堆積している状態となります。そこに皮脂が合わさると、雑菌の温床となってしまいます。雑菌が増えると毒素を排出するようになり、頭皮全体が炎症を起こして赤く腫れあがってしまうのです。炎症には大抵強いかゆみが伴います。そこで痒い部位をひっかいてしまうと、頭皮がさらに傷ついた状態になります。また指や爪の間にあった別の雑菌が傷口から入り込んでしまい、さらに重篤な炎症を引き起こす結果となってしまうのです。こうなってしまうと、単純にフケを取り除くだけでは症状が回復しません。炎症とかゆみを抑える薬を服用しつつ、常に頭皮を清潔な状態に保つ必要が生じます。これはかなり時間と手間がかかる作業です。

もう1つの点は「抜け毛が増えてしまう」ということです。フケが多くなって毛穴が詰まり始めると、髪の毛は順調に成長することができなくなります。そうすると、毛乳頭からは「もう伸びないのであれば抜けてしまいなさい」という指令が出ます。結果として、その部分は抜け毛が非常に多くなってしまうのです。また、抜けた毛穴にゴミが詰まってしまうと、新しい毛が生え出なくなり、毛根そのものが消滅してしまうことすらあります。ですから、抜け毛が増えた時点ですぐに対処しておかないと、その部分はやがてハゲになってしまう可能性があるわけです。毛根がなくなってしまうと、どれだけ育毛剤を塗布しても効果は期待できません。ですから、「フケが多くなってきたな」と感じたなら、早急に対処をする必要があります。

フケを防ぐための対策はあるのか?

フケの大量発生を防ぐためには、頭皮をきちんとケアしてフケが出にくい環境を作る必要があります。そのためには、生活全体で「肌を守る」という意識を持つ必要があるでしょう。では「乾性フケ」と「脂性フケ」に関してそれぞれ対策を考慮してみましょう。

乾性フケの対策方法をお教えします

「乾性フケ」の症状を改善したいなら、「洗髪の仕方を確認すること」と「ローションを活用すること」の2つがカギとなります。

頭皮の乾燥を抑えるためには、正しい仕方で髪を洗うことが不可欠です。とりわけ、化学溶剤をたっぷりと使ったシャンプーの使用を避けることは非常に重要です。「爽快感がある」「洗い上がりさっぱり」といった宣伝をしているシャンプーは、洗浄能力が非常に高いため汚れをきれいに落とすことができます。その一方で、強い化学薬品が含まれているため、肌に刺激を与えて大きな負荷をかけてしまうのです。また、肌表面の皮脂を完全に取り除いてしまうため、結果として乾燥肌が悪化してしまうということもあります。ですから、自然由来成分を使った低刺激のシャンプーを選ぶようにしましょう。

洗い方にも注意が必要です。シャンプーを直接頭皮に塗布して泡立てる、というのは肌への負担が大きすぎるので避けるのが賢明です。泡立てネットを活用して泡で洗う習慣を身に付けましょう。また、爪を立てて毛穴をゴシゴシ洗うというのも良くありません。指の腹で優しくなでるように洗うのが効果的です。シャンプーの洗浄能力は進歩しており、それほど擦らなくても汚れは綺麗に落ちています。ですから、「強く洗うこと」ではなく「優しく洗うこと」を常に意識しておきましょう。また、シャンプーが頭皮に残ってしまわないよう、すすぎは入念に行なうように心がけることが大切です。

頭皮の乾燥を防ぐもう1つの方法として「ヘアパックやローションの活用」が挙げられます。自然由来のホホバオイルなどを使ったローションは、頭皮の潤いを保って乾燥肌を改善してくれるだけでなく、毛穴周りにできてしまった炎症や傷の回復も促してくれます。必要以上にべたつくことがないので、就寝前でも安心して使用することができます。ただし、頭皮が清潔な状態でないと保湿効果はそれほど期待できません。ですから、ローションやヘアパックをする前には必ず洗髪をするようにしましょう。

脂性フケで悩んでいる人はこの対策方法をチェック

「脂性フケ」の症状改善をしたいなら、「食生活の見直し」をしましょう。血液中の脂分が多すぎると、脂性フケが大量に出てしまいます。ですから、食事の内容をチェックして、過剰に脂分を摂取していないかを確認するのはとても大切です。たとえば、揚げ物を毎日食べていないか、マーガリンやラードなどを使った市販のお菓子を口にしていないか、人工甘味料がたっぷり入ったジュースを飲んでいないか、といった点を確認します。もし栄養バランスの悪い食事を続けている事が分かったなら、献立を調整するようにしましょう。揚げ物は極力控え、お肉やお魚は蒸すもしくは茹でたものを選ぶようにすると効果的です。また、清涼飲料水は控え、お茶や水を積極的に摂取するのが良いでしょう。こうすることで、血液の循環は改善されるので、徐々に皮脂の産出量は調整されていき、フケの量も落ち着いてくるはずです。

もし炎症が広がってひどいかゆみに悩まされている時は、迷わず皮膚科に行って専門医の診断を受けましょう。食生活の調整や運動などによる体質改善にはかなりの時間がかかるので、症状が悪化したなら抗菌・抗炎症作用を持つ軟膏や服用薬を処方してもらうのが賢明です。

フケを防ぐのに役立つオススメのヘアオイルとヘアケアをご紹介

「乾性フケ」がひどい人にオススメのヘアオイルは「ツバキ油」です。このオイルは保湿性が高いことに加えて、オレイン酸がたっぷりと配合されているので、肌へのなじみが非常に良いという利点があります。ですから、敏感肌の人でもオイルを塗布したために痒くなる、という心配がほとんどありません。

「脂性フケ」の人には「ホホバオイル」と「馬油」がオススメです。これらのオイルはどちらも自然由来成分で出来ているという利点があります。また、皮脂と非常に近い成分構成になっているので、頭皮へたっぷりと塗布するにより、雑菌が繁殖してしまった皮脂をきれいに洗い流すことができるわけです。頭皮の環境改善にはもってこいのヘアオイルと言えるでしょう。

これらのオイルを塗布する時には、合わせてヘアマッサージも行ないましょう。オイルが頭皮全体にまんべんなくなじむように優しく指の腹で伸ばしていきます。よくなじんだなら蒸しタオルで頭を包んで30分ほど放置しましょう。こうすることで、不要な皮脂が洗い流されるので頭皮がより健康な状態になっていくはずです。

フケのケアはそれほど難しくはないことを覚えておこう

ずっとフケの大量発生に悩まされてきた人の中には、「自分はそういう体質だから」と諦めてしまった人もいます。とはいえ、これまで見てきたとおり、きちんと原因を知って適切な対処をすれば、症状を緩和させることが可能です。何か特別なことや難しいことを行なう必要はありません。肌質に合ったヘアオイルなどを活用して頭皮の環境を改善することで、劇的な変化を経験することができた、という人は少なくないのです。毎日の生活リズムを見直して、食事の栄養バランスを整えることや十分な休息を確保することにより大量発生の症状がほとんど無くなった人もいます。つまり、健康な体を維持する努力を払うなら、それに伴って症状は改善していく、ということが期待できます。「周囲から自分の肩口に注がれる視線が気になってしまい、大きなストレスを感じている」という人は、簡単にできる毎日のフケ対策をすぐに実行してみましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ