プロペシアとフィンペシアを徹底比較!その違いは?

自撮りする男性

薄毛について調べていると、似たようなキーワードがたくさん出てきます。似たような響きのものが多くて、理解しようにも混乱してしまうという方も多いのではないでしょうか?ただ、冷静にひとつひとつ見ていけばそう難しいことではありません。

ここでは、プロペシアとフィンペシアについてご紹介していきたいと思います。プロペシアとフィンペシアの違いをきちんと理解して、薄毛改善のための第一歩を踏み出しましょう。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

そもそもプロペシアとフィンペシアって?

まずは、そもそもプロペシアとフィンペシアが何なのかというところからお話ししていきたいと思います。薄毛について調べているとよく登場するキーワードです。それに、語感が似ているので混同してしまう方も多いでしょう。

プロペシアというのは、国内で認められている男性型脱毛症の治療薬です。AGAの治療薬といったほうがしっくりくる方も多いかもしれません。男性型脱毛症の治療をおこなっているクリニックでは、その多くがプロペシアを使っているものです。

一方で、フィンペシアというのはプロペシアのジェネリック医薬品に相当するものです。世間一般ではジェネリック医薬品として認識されているのですが、実際のところ、国内では未承認となっています。正式にはジェネリック医薬品ではないのですが、ジェネリック医薬品としての認識が強い薬になります。

プロペシアとフィンペシアに成分の違いはあるの?

国内で認められている男性型脱毛症の治療薬がプロペシアで、そのジェネリック医薬品に相当するのがフィンペシアということでした。では、このプロペシアとフィンペシアに成分の違いはあるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、主成分に違いはありません。どちらも有効成分であるフィナステリドを主成分としています。フィナステリドは、男性型脱毛症の治療において有効成分としてきちんと認められている成分です。

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンによって引き起こされます。このジヒドロテストステロンはテストステロンという男性ホルモンが5α-リダクターゼという酵素の影響を受けることによってできます。フィナステリドは、この5α-リダクターゼという酵素の働きを阻害します。それによってジヒドロテストステロンが抑制され、男性型脱毛症の進行を食い止めることができるのです。

プロペシアとフィンペシアに添加物の違いはあるの?

プロペシアとフィンペシアにおいては主成分に違いはないということでしたが、添加物のほうはどうでしょうか。特に、ジェネリック医薬品というのは添加物に関しては違っていても問題はありません。

結論から言ってしまうと、プロペシアとフィンペシアにおいては添加物においても違いはないと言われています。フィンペシアに関しては、過去にキノリンイエローという着色料が使われていました。発がん性があるということでかなり話題になったのですが、現在入手できるフィンペシアにはキノリンイエローは添加物として使われていません。

フィンペシアにおいては、このキノリンイエローの一件がかなり尾を引いている部分があります。ただ、その一方でフィンペシアを選ぶ方も多くなっています。現在のフィンペシアの添加物に問題のある成分は使われていませんので、安心していいでしょう。

プロペシアとフィンペシアに効果や副作用の違いはあるの?

肝心なのが効果と副作用です。プロペシアとフィンペシアには、効果や副作用の面で違いはあるのでしょうか。結論から言ってしまうと、違いはほとんどありません。

プロペシアとフィンペシアはどちらも主成分をフィナステリドとしています。その働きは同じですし、効果を実感できるまでの期間も同じです。ちなみに、フィナステリドは半年ほどで効果が出てきますので、どちらにしても継続することが大切です。

副作用に関しても基本的には、フィナステリドの副作用ということになってきますので同じです。いろいろな副作用が考えられるのですが、性欲減退やEDで知られる勃起機能障害といった性的な問題、うつ症状、肝機能障害などが挙げられます。ただ、副作用の発症率というのはそう高くありませんので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

プロペシアとフィンペシアに価格の違いはあるの?

一般的にジェネリック医薬品というと、かなりお安いイメージがあるかと思います。厳密にはジェネリック医薬品ではないものの、ジェネリック医薬品に相当するフィンペシアの価格が気になる方も多いでしょう。実際に、プロペシアとフィンペシアではやはり価格にかなりの差があります。

ジェネリック医薬品に相当するということで、やはりプロペシアよりはフィンペシアのほうがお安いです。日本国内にはきちんと認められているプロペシアのジェネリック医薬品もあるのですが、それらと比べてもかなりフィンペシアは安いです。

フィンペシアは国内で正規に入手することはできませんので、入手するのであれば個人輸入になります。個人輸入ということでリスクがあるのはおわかりかと思いますが、それでもフィンペシアを個人輸入する方というのはかなり多いです。逆に言えば、個人輸入のリスクを背負ってでも購入したくなるほどの安さということになります。男性型脱毛症の場合には服用を継続する必要がありますので、やはり費用を抑えたいという方は多いのです。

プロペシアとフィンペシアに製造国の違いはあるの?

最近では何事においても生産地というものを気にする方が多くなりました。プロペシアとフィンペシアにおいても、その製造国が気になっている方も多いのではないでしょうか。実際に、プロペシアとフィンペシアでは製造国に違いがあります。

プロペシアを製造販売しているのは、アメリカのメルク社になります。一方で、フィンペシアを製造販売しているのはインドのシプラ社になります。どちらかというとインドのシプラ社のほうが不安という方もいるかもしれません。

ただ、インドのシプラ社もインドを代表するほどの大きな会社です。薬の海外輸出をおこなっていますので、インドのシプラ社で製造販売されている薬というのは世界各国に出回っているのです。別に悪徳会社というわけではなく、きちんとした大手の会社になりますのでそう神経質になる必要はありません。

まとめ

プロペシアは国内でも認められている男性型脱毛症の治療薬です。そのジェネリック医薬品に相当するのがフィンペシアになります。成分や添加物、効果や副作用については違いはありません。ただ、価格や製造国については違いがありますので、そういった違いを踏まえて選択するようにしましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ