プロペシアとミノキシジルの違いを大解説!

笑顔の女性

薄毛についてリサーチしていると、いろいろな薬の名前が出てくるものです。そのため、どれがどのような働きを持っているのかこんがらがってしまう方も少なくありません。実際に、似たような名前のものも多いです。

ただ、薄毛で悩んでいるのであれば、プロペシアミノキシジルの違いというのはきちんと理解しておきたいところです。どちらも薬としてかなり有力なものですが、それぞれの働きはまったく異なるものです。ここでは、プロペシアとミノキシジルの違いについて解説していきたいと思います。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

そもそもプロペシアとミノキシジルの違いって?

さっそくですが、プロペシアとミノキシジルの違いについてお話ししていきましょう。どちらもAGAで知られる男性型脱毛症を治療するための薬になるのですが、名前が違うようにその成分や効果も違います。漠然と「男性型脱毛症にいいもの」という理解だけで利用するのはやめておきましょう。

プロペシアとミノキシジルでは、男性型脱毛症にどうアプローチするのかが違ってきます。プロペシアは男性型脱毛症の進行を食い止めるための薬で、ミノキシジルは発毛を促すための薬です。男性型脱毛症の進行具合にもよりますが、どちらも欠かせない効果を持っています。それぞれについてより詳しく見ていきましょう。

プロペシアについて

プロペシアについてですが、プロペシアは先でもお話ししましたように男性型脱毛症の進行を食い止めるための薬になります。逆に言えば、プロペシアでは発毛効果というのは期待できません。ちなみに、経口薬となっています。

プロペシアには、フィナステリドという有効成分が含まれています。フィナステリドは男性型脱毛症の原因にアプローチしてくれる成分です。男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロンというもので、このジヒドロテストステロンはテストステロンという男性ホルモンが5α-リダクターゼという酵素によって変化してしまったものです。

フィナステリドはこの5α-リダクターゼという酵素の働きを阻害してくれます。それによって、ジヒドロテストステロンの生成も抑えられるようになります。原因となるジヒドロテストステロンが抑制されることによって、男性型脱毛症の進行を食い止めることができるというわけです。

ミノキシジルについて

ミノキシジルというのは、男性型脱毛症において発毛効果が期待できる薬です。頭皮に塗布するタイプもありますし、服用するタイプのものもあります。それぞれで効果を実感できるまでの期間も微妙に異なってきます。

ミノキシジルの発毛効果の仕組みというのは、ミノキシジルの血管拡張効果によるものです。血管を拡張することによって、隅々にまで血液が行き渡るようになります。頭皮や髪に必要な栄養や酸素が行き渡るようになり、発毛効果が期待できるというわけです。

もともと髪の生えている頭というのは、末端です。血液が行き渡りにくいところになりますので、栄養や酸素が不足してしまう傾向にあります。ですが、血管を拡張して血液を隅々にまで巡らせることができれば、栄養や酸素も行き渡り、髪が育つための環境が整うのです。

プロペシアとミノキシジルは副作用も違う!

プロペシアとミノキシジルというのは、薬です。どのようなものであっても、薬である以上は副作用があります。プロペシアとミノキシジルでは出てくる副作用も違ってきますので、この点も注意しておきましょう。

プロペシアの副作用としては、性欲の減退やEDでよく知られる勃起機能障害といった性的な問題、肝機能障害、うつ症状といったものが挙げられます。もちろん、副作用の発症率というのはそう高くありません。ただ、だからといって副作用のリスクをまったく考えないのはいけません。

一方で、ミノキシジルの副作用としては、頭皮のかぶれやかゆみといったものが挙げられます。血管拡張効果がありますので、これは仕方のない部分もあります。また、血管拡張効果があるということで、血圧の低下といった副作用もあります。こちらも発症率はそう高くないものの、注意しておきたいものです。

プロペシアとミノキシジルは同時に服用するべき?

プロペシアとミノキシジルの違いについてはおわかりいただけたかと思います。プロペシアとミノキシジルというのはそれぞれの効果が違うからこそ、両方の効果がほしいところです。そこで気になってくるのが、プロペシアとミノキシジルを同時に服用していいのかという部分です。

結論から言ってしまうと、同時に服用したほうがいいです。実際に、プロペシアとミノキシジルの併用というのは推奨されています。クリニックでも両方を処方されることが多いものです。ただ、男性型脱毛症の進行具合によって様子を見たほうがいい部分もあります。

まだ初期の男性型脱毛症の場合

男性型脱毛症の症状がまだ初期の場合、いきなりプロペシアとミノキシジルの併用というのはしなくてもいいでしょう。というのも、プロペシアとミノキシジルには副作用がありますので、初期の段階でそのリスクを一気に背負う必要はないのです。

初期の段階であれば、育毛剤で対応できる可能性も十分にあります。ただ、育毛剤にもぴんからきりまでいろいろなものがあります。副作用の可能性は低く、効果を実感できるようなものを選んでいきましょう。それで改善すれば万々歳ですし、それで改善しなければプロペシアとミノキシジルの利用を考えていけばいいのです。

すでに進行してしまった男性型脱毛症の場合

すでに進行してしまった男性型脱毛症の場合には、いきなりプロペシアとミノキシジルの併用をしても問題ないでしょう。というよりも、そうなったときにこそまさにプロペシアとミノキシジルの出番なのです。積極的な対策が求められます。

もちろん、だからといって自己判断でプロペシアとミノキシジルの利用をしてはいけません。男性型脱毛症が進行しているからこそ、きちんとお医者さんのもとで指導を受けましょう。やはり専門家の存在は心強いものです。

プロペシアとミノキシジル、効果が出始めるまでの期間は?

男性型脱毛症で悩んでいる方にとって、プロペシアとミノキシジルというのはまさに救世主のような存在です。ただ、その効果がどれくらいの期間で出始めるのも気になるところです。基本的には長期間服用しないと、どちらも効果は出ないと思っておいたほうがいいでしょう。

プロペシアの場合、効果が出始めるのはだいたい半年ほどと言われています。もちろん、それよりも早い段階で効果を実感する方もいますし、半年以上経ってから効果を実感したという方もいます。ただ、最低でも半年は続けないとその効果のほども判断することができないのです。

一方で、ミノキシジルの場合、塗布するタイプなのか服用するタイプなのかで期間が変わってきます。塗布するタイプの場合には、やはり半年ほどかかると言われています。ただ、服用するタイプになってくると3ヶ月から4か月ほどで効果が実感できると言われています。ただ、どちらにしても長期間続けることが前提になってきます。

プロペシアとミノキシジルの入手方法は?

肝心なプロペシアとミノキシジルの入手方法についてなのですが、基本的にはクリニックで処方してもらうことです。クリニックでの処方であれば、お医者さんのアドバイスのもとプロペシアとミノキシジルを利用することができますので、安心です。何かあったときにすぐ相談できるのもありがたいところです。

また、個人輸入という形で入手することもできるのですが、こちらはリスクが大きいのでオススメできません。クリニックだとお金がかかるからという理由で個人輸入をする方もいるのですが、偽物の薬をつかまされる可能性もあります。ありとあらゆる面でリスクが大きいので、個人輸入はやめたほうがいいでしょう。

まとめ

プロペシアとミノキシジルというのは、どちらも男性型脱毛症には欠かすことのできない薬です。ただ、利用するのであれば、それぞれの違いというものをきちんと理解しておきましょう。個人輸入で入手することもできますが、基本的にはクリニックで処方してもらって利用するのがベストです。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ