頭頂部(つむじ)ハゲの原因とは?【対策と改善方法】

頭皮

日本には薄毛に悩んでいる男性が数多くいます。特に多いのが、頭頂部が薄毛になる、いわゆるつむじハゲです。つむじハゲは、つむじがある頭頂部の髪の毛が薄くなっていく症状です。

自分で見えないところで薄毛が進行していくためいつ始まったのか、どのくらい進行しているのかがわからず、人から指摘されて初めて気づくケースも少なくありません。つむじハゲの原因は何なのか、どうしたら良くなるのかを知っておくことで、つむじハゲを徐々に改善していくことができます。

コンプレックスを感じてしまう前に、早目に対処しておくことがとても重要なのです。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

どうしてつむじハゲになるの?

男性がつむじハゲになる理由は主に三つあります。

  • ジヒドロテストステロン
  • 悪い生活習慣
  • 過度のストレス

ジヒドロテストステロン

まずもっとも大きな原因として挙げられるのがジヒドロテストステロンという物質です。このジヒドロテストステロンが原因で起こるつむじハゲをAGA、男性型脱毛症と呼びます。男性型脱毛症という名前ですが、なんらかの理由で女性ホルモンが男性ホルモンの働きを抑えられなくなると女性にも起こりえる症状です。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合して発生します。このジヒドロテストステロンは非常に強力な物質で、髪の毛を作っている毛乳頭細胞という細胞に働きかけて脱毛シグナルを送ります。

すると髪の毛は十分に成長する前に、細い状態で抜け落ちてしまうのです。抜け落ちた後もその部分から新しい髪の毛が生えてこないということもあります。ジヒドロテストステロンは遺伝によって受け継がれるとも言われていますが、ただ単に親がAGAだから子もつむじハゲになるといった話ではありません。

ジヒドロテストステロンに加えて、生活習慣や頭皮の状態などいろいろな要素が関係してくるので、つむじハゲかなと思ったなら専門家に尋ねてみる必要があるのです。

悪い生活習慣

夜更かしする女性


つむじハゲになる別の理由が、悪い生活習慣です。頭頂部がはげるかどうかはどんな生活習慣をしているかに大きく左右されます。たとえば睡眠不足の人がいるかもしれません。慢性的に睡眠が不足していると、髪の毛を育てる成長ホルモンが分泌されにくくなります。

すると髪の毛の正常な生育が行われなくなるので、新しい髪の毛が生えてこなかったり、細いまま抜け落ちてしまったりするのです。喫煙もつむじハゲを誘発する要因となります。喫煙は体中の血管を収縮させる働きがあり、血管が収縮すると頭皮への血液の流れが滞って、髪の毛を育てるのに必要な栄養素や酸素が供給されにくくなります。

その結果、髪の毛が十分に成長しなくなるのです。またアルコールの取りすぎも要注意です。アルコールを取りすぎると分解するために大量のアミノ酸やビタミンを消費してしまいます。アミノ酸やビタミンは髪の栄養素としても用いられるので、アルコールの取りすぎで髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、細くなったりコシがなくなったりしてしまうのです。

過度のストレス

ストレスを抱え込む男性


そして、近年急激に増加している頭頂部の薄毛の原因がストレスです。仕事や家庭で強いストレスを感じていると、つむじハゲになりやすくなります。ストレスによって自律神経が乱れ、血行不良や睡眠不足を引き起こすことが証明されています。ストレスは頭皮環境も悪化させることがあるので、強いストレスは髪の毛や頭皮にとって大敵なのです。

つむじハゲの初期症状とは?

つむじハゲの原因がわかっても、自分がその症状に当てはまっているかどうかを判断しなければなりません。つむじハゲが進行してしまっている場合には見てすぐにわかります。そして薄毛を改善したり直したりするまでにかなりの時間がかかります。一方で、初期段階で薄毛が始まっている事を見つけられれば、すぐに対策を講じたり治療を始めたりできるでしょう。つむじハゲの初期症状にはさまざまなものがあります。このような症状が出たら要注意です。

  • つむじ付近の地肌が赤茶色になる
  • つむじ付近の髪の毛が細く、薄くなっている
  • 髪の毛全体が猫っ毛になってきた
  • ふけやかゆみが増えてきた
  • おでこが広くなってきた

つむじ付近の地肌が赤茶色になる

つむじ付近の地肌が赤くもしくは赤茶色になるのは、つむじハゲの初期症状の典型です。あまり知られていませんが、健康な頭皮は白もしくは青白い色をしています。しかし紫外線などにさらされると毛細血管が傷ついてしまい、頭皮の健康が徐々に損なわれていきます。

もし頭皮が赤もしくは赤茶色になるのであれば、それは頭皮が炎症を起こしている証拠です。頭皮が炎症を起こすと髪の毛は正常な成長ができず、つむじハゲが進行していく恐れがあります。

つむじ付近の髪の毛が細く、薄くなっている

またつむじ付近の髪の毛が薄くなったり細くなったりしてきた場合も、つむじハゲが始まっている証拠かもしれません。通常、健康なつむじは渦を巻いていて円形もしくは楕円形です。

しかしつむじハゲの初期症状としてつむじ周りの髪の毛が薄くなって地肌が目立つようになってきたり、つむじが枝分かれしてきたりします。自分ではなかなか確認するのが難しいので、家族などに定期的に確認してもらうようにしましょう。

髪の毛全体が猫っ毛になってきた

髪質が変化した場合もつむじハゲの前兆かもしれません。抜けた髪の毛が太くて短い場合にはそれほど心配いりませんが、今まで太かったのに最近髪質が変わって髪の毛が細く柔らかくなってきたという場合には注意が必要です。

髪の毛が猫っ毛になってきたということは、もしかすると髪への栄養が足りなくなってしまっている証拠かもしれないからです。さらに、過剰に分泌された皮脂によって毛穴の大部分がふさがれてしまうと、髪の毛が細くなったりクセがついてしまったりします。

ふけやかゆみが増えてきた

最近ふけやかゆみが増えてきた場合も、つむじハゲの初期症状の可能性があります。汗をかきすぎたり洗髪をしっかり行わなかったり、寝具が清潔でなかったりすると、頭皮に細菌が増殖してかゆみが出てきます。

一方で、洗髪をしすぎたり白髪染めなどで薬剤を頭皮に塗布しすぎると、頭皮が乾燥してふけが発生します。ふけもかゆみも頭皮の健康状態が良くない証拠なので、つむじハゲの初期症状となりえるのです。

おでこが広くなってきた

つむじハゲの別の初期症状は、おでこが広くなってくるというものです。つむじハゲもおでこのハゲも、原因は基本的に一緒です。頭皮に栄養が行き渡っていなかったり、頭皮が不潔だったりといった原因が考えられます。

したがっておでこが広くなってきた場合には、つむじハゲも同時に起こっている恐れがあるのです。

すぐに治療が必要な理由

もしつむじハゲになりかけているという事が分かったなら、すぐに治療を開始する必要があります。その理由はいくつかありますが、主な理由は早期治療が早期回復に寄与するという点でしょう。つむじハゲの原因がAGAである場合、他のハゲに比べて治りやすいと言われています。

しかし症状が進行してしまってから治療を始めると回復までに時間がかかるものです。やはり、いかに早く治療を始めるかが重要になるでしょう。さらに別の理由としては、つむじハゲの原因がAGAの場合には自然治癒が難しいということです。

生活習慣やストレスが原因の場合であれば、生活習慣の改善やストレスの発散などによって症状の改善を期待することができます。しかしジヒドロテストステロンによってつむじハゲが引き起こされている場合、フィナステリドミノキシジルといった薬物によってジヒドロテストステロンの働きを阻害する、といった専門的な治療が必要になります。

ぐずぐずしていると毛根自体が発毛できない状態になってしまうこともあります。つむじハゲかもしれないと思ったならすぐに専門家に相談して、何が原因で髪の毛が薄くなってしまっているのか、どういった治療が必要かをしっかり確認するようにしてください。

つむじハゲはどうやって改善したらいい?

つむじハゲの初期症状が出てしまった場合には、できるだけ早く対策を講じる必要があります。専門家に相談してみて原因がAGAではなかった場合には、特に生活習慣などに注意を向けなければならないでしょう。つむじハゲを改善するためにできることにはいくつかあります。

生活習慣の改善

生活習慣の改善は、睡眠不足の解消や食事の見直しなどが含まれます。特に髪の毛にとって睡眠は非常に重要なものです。不規則な勤務形態で睡眠時間が足りていないという方は、できるだけ睡眠時間を確保できるよう生活を調整する必要があります。

さらに食生活も重要です。脂っこいものを食べすぎていると、頭皮に分泌される皮脂が多くなり、毛穴が詰まったり頭皮がオイリーになりがちになります。アルコールを毎日大量に飲む場合も髪の毛の正常な成長が妨げられるので、つむじハゲ改善のためにアルコールを節制する必要も生じるでしょう。

ストレスの発散

ストレスも髪の毛にとっては大敵です。仕事でストレスが溜まっているという方は、何でもいいのでストレスの発散方法を見つけておきましょう。ストレスは薄毛だけでなく不眠や過食など他の問題も引き起こすことになるので、できる限り発散させられるようにしておきたいものです。

適度な運動

運動

適度な運動は薄毛対策にはぴったりです。つむじハゲの原因の一つが頭皮の血行不良なので、運動によって体中の血行を促進し、頭皮に栄養や酸素を行き渡らせることができます。毛細血管の隅々にまで血液を行き渡らせることができれば、髪の毛の正常な成長を促進することができるのです。

運動の別のメリットはストレスを発散することが可能であるという点です。運動にはストレス発散効果があることが証明されており、どんなスポーツでもよいので自分の好きな運動をしていれば二重の効果を得ることができます。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージ


頭皮の血行を促進するためにできる別のことは、頭皮マッサージです。つむじハゲなど薄毛の部分を中心に頭皮マッサージを行えば、頭皮が柔らかくなり血行が良くなります。頭皮が固くなってしまっていると血液の流れが悪くなるので、頭皮マッサージは非常に重要なものです。

ただし頭皮を傷つけてしまわないように、決して爪を立てることなく指の腹を使って、優しくマッサージするようにしましょう。

頭髪ケア

そして、もっともはやく効果が表れるものの一つが頭髪ケアです。頭髪ケアにはいろいろなものがあります。カラーリングなどをしないというのも一つの方法です。カラーリングは薬剤によって頭皮や頭髪を痛めつけてしまうので、つむじハゲを治そうとしている人は避けた方が賢明でしょう。

また髪の毛や頭皮を日光に当て続けるのも避ける必要があります。紫外線は頭皮にも頭髪にも良くないので、あまり日向に長時間いることがないように注意しましょう。

頭髪をケアする別の方法は、トリートメントなどを使うというものです。頭皮で分泌されすぎた皮脂を洗い流すシャンプーもあれば、乾燥しすぎた頭皮に潤いを与えるトリートメントもあります。加えて、これから生えてくる髪の毛が太くコシが強くなるような育毛剤もあります。

すでに生えてしまっている髪の毛を太くすることはできないのですが、これから生えてくる髪の毛の性質を改善することは可能です。増毛剤や育毛剤にはそれぞれ異なった働きがあるので、自分のつむじハゲにはどんなトリートメントが良いのかをしっかり確認してから使用するようにしましょう。

育毛剤は体の外からのケアですが、サプリメントなどを使って体の内側から頭皮や頭髪をケアする方法もあります。現在では実に多種多様なサプリメントが販売されていますが、特に有効であるとされている成分は亜鉛、イソフラボン、カプサイシン、ノコギリヤシなどです。

また大豆に含まれているイソフラボンも質の高い髪の毛を作るのに役立ちます。長く飲み続けなければならないものなので、できるだけコストパフォーマンスの良いものを選ぶようにしましょう。

つむじハゲには素早い対策が大事!

つむじハゲに悩んでいる人が多い年齢層は、50代や60代だけではありません。最近では食生活の変化などから、20代の若い人々が頭頂部の薄毛に悩むケースが増えてきています。その数は6%ほどで、100人に6人程度はつむじハゲで悩んでいるという事なのです。

しかし、つむじハゲは早めの治療と対策で十分改善することができます。ぜひすぐに専門家に相談して治療をすると共に、生活習慣の改善などによってまたフサフサの髪の毛を手に入れるようにしましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ