頭皮のかゆみが抜け毛の原因になる!?

生きていれば、誰もが一度くらいは頭皮にかゆみを覚えるものです。「よくあること」と流している方も多いでしょうが、実は頭皮のかゆみが抜け毛の原因となることもあるのです。注意しておきましょう。

ここでは、頭皮のかゆみと抜け毛の関係をはじめ、頭皮のかゆみと抜け毛の対処法についても触れていきたいと思います。頭皮にかゆみを感じている方は、今日からでも対処法を実践していきましょう。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

そもそもかゆみと抜け毛の関係とは?

頭皮のかゆみも抜け毛も同じ頭に関する悩みです。ただ、それぞれが別個の問題というわけではなく、頭皮のかゆみが抜け毛の原因となることもあります。では、なぜ頭皮のかゆみが抜け毛の原因となってしまうのでしょうか?

頭皮がかゆいとき、多くの方は当たり前のように頭をかくかと思います。「ちょっとかくくらい平気」と思っている方も多いでしょうが、実は頭皮をかくことによって小さな傷ができることになります。言ってしまえば、かくことによって頭皮がダメージを受けるのです。

ダメージを受ければ頭皮が弱りますので、そこから生えている髪も抜けやすくなりますし、新しく生えてくる髪も弱々しいものとなってしまいます。傷からばい菌が入って炎症が起これば、皮膚炎などを引き起こし、さらなる抜け毛を助長してしまうかもしれません。

かゆみと抜け毛の対処その1:シャンプーの使い方を見直す

頭皮のかゆみが抜け毛の原因となり得る以上、やはりなんらかの対処が必要になってきます。そこでまず考えられるのがシャンプーの使い方を見直すということです。実際に、間違ったシャンプーの使い方で頭皮のかゆみを助長している方も少なくありません。

基本的にシャンプーというのはブラッシング後に、お湯で予洗いするところから始まります。その後、手で泡立てたシャンプーで指の腹を使って頭皮を洗って、すすぎます。タオルドライ後にドライヤーで頭皮を乾かすところまでがひとつのセットになります。いくつかおさえておくべきポイントがありますので、詳しくご紹介していきましょう。

自分の頭皮に合った優しいシャンプーを使う

シャンプーと一口にいっても、今は本当にさまざまなシャンプーがあります。さまざまなシャンプーの中から自分の頭皮に合っていて、なおかつ優しいシャンプーを選ぶ必要があります。というのも、頭皮に合わないシャンプーや刺激の強いシャンプーは、かゆみを引き起こしてしまう可能性があります。

自分の頭皮がどのような状態かを把握し、そこからシャンプーを選んでいきましょう。もちろん、美容師さんに相談するのもいいでしょうし、サンプルのあるシャンプーであればそういったものを実際に使ってみるのもいいかと思います。

いきなりシャンプーではなく、ブラッシングと予洗いから

ブラッシングと予洗いなんて必要ないと思っている方もいるかもしれません。しかしながら、ブラッシングや予洗いをすることによって、先にざっと髪や頭皮の汚れを落とすことができるのです。雑巾がけをする前に箒で掃くのと同じです。

ブラッシングや予洗いをすることによって、効率的に汚れを落とすことができますし、シャンプーの時間を減らすことができます。シャンプーを使う量の節約にもなるでしょう。

適量のシャンプーを泡立てて、指の腹で丁寧に優しく洗う

シャンプーをたくさん使い、頭皮や髪に直接乗せてしまうと必要な皮脂まで取り去ってしまいます。しかも、シャンプーが毛穴に入り込んで残ってしまう可能性があります。頭皮のかゆみだけではなく、頭皮環境の悪化を招いてしまう可能性があるのです。

だからこそ、シャンプーは適量を手で泡立てて、泡立てたものを使って頭皮を洗っていきましょう。予洗いのときも同じですが、基本的には指の腹を使って優しく丁寧に洗っていきます。ちなみに、シャンプーの適量は500円玉くらいだと言われています。

温度と勢いに気を付けてしっかりとすすぐ

泡立てたシャンプーでしっかりと頭皮を洗ったら、すすぎです。シャンプーが残ってしまうと、かゆみを引き起こしてしまいます。シャンプーが残らないようにしっかりとすすいでいきましょう。

すすぎに限らず、シャンプーのときのお湯は38度くらいのちょっとぬるめでOKです。シャワーですすぐときには、シャワーの勢いに注意しておきましょう。あまりにも勢いが強いと必要な皮脂まで洗い流してしまいますので、シャワーの勢いは控えめにしておくのが安心です。

タオルドライ後、ドライヤーでスピーディーに頭皮を乾かす

タオルで髪を押さえるように水気を切ってから、ドライヤーで乾かしていきます。タオルドライによって、ドライヤーの時間を短縮することができるのです。長時間のドライヤーは頭皮の乾燥を招き、かゆみを誘発してしまいます。

ドライヤーは冷風と微温風を使い分けて、20cm以上離して使います。1カ所にあて続けないようにして、根元から乾かしていきます。毛先は多少湿っていても構いませんが、雑菌を繁殖させないためにも頭皮はしっかりと乾かしておきます。

かゆみと抜け毛の対処その2:整髪料の使い方を見直す

頭皮のかゆみと抜け毛の対処としては、整髪料の使い方を見直すのもひとつです。ヘアワックスなどの整髪料は、ヘアアレンジには欠かすことのできないものです。中には整髪料なしでは出歩けないという方もいるのではないでしょうか?

整髪料を使う上で理解しておきたいのが、整髪料は頭皮や髪にとってはどこまでいっても異物でしかないということです。特に、頭皮についてしまうと頭皮がダメージを受けますので、オシャレには欠かすことのできないものである一方で厄介な存在でもあります。ベストなのは整髪料を使わないことですが、だからといって絶対に使ってはいけないというわけではありません。

頭皮につかないようにして、その日のうちに綺麗に洗い落とすということが守れるのであれば、整髪料を使っても問題はないでしょう。ただ、整髪料を使わずともある程度のヘアアレンジであればドライヤーのみでもいけます。美容師さんがやっているように温風で形を作って、冷風で冷やし固めるといたことも可能ですので、ぜひ試してみてください。

かゆみと抜け毛の対処その3:生活習慣を見直す

かゆみと抜け毛の対処としては、生活習慣の見直しも挙げられます。おそらく今の時代、健康的な生活習慣を実践できている方というのはそういないでしょう。ほとんどの方がどちらかというと不健康な生活習慣を送っているかと思います。健康的な頭皮や髪は、健康的な生活習慣から生まれるものです。

栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分で質のいい睡眠、ストレス発散といったものを心がけるようにしていきましょう。当たり前のことを当たり前に実践していくだけで、髪や頭皮の状態というのは変わってくるかと思います。不健康な生活習慣に慣れてしまっているという方ほど生活習慣を改善するのは大変かもしれませんが、マイナスになることはまずありませんので少しずつ実践していきましょう。

まとめ

頭皮のかゆみと抜け毛には関係があります。というのも、頭皮のかゆみが原因で抜け毛が増えることもあるのです。だからこそ、シャンプーや整髪料の使い方、生活習慣といったものを見直していきましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ