頭皮のケアや薄毛を改善したい人に病院での治療をおすすめする理由

薄毛への対処法として、頭皮洗浄やマッサージを行なっているお店は少なくありません。また、「新しい髪の毛が生えてくる」というふれこみで販売されている健康食品やサプリメントも数多く販売されており、海外から特定の商品をわざわざ取り寄せている人もいます。とはいえ、「男性型脱毛症(AGA)」の場合には、根本的な治療を行なうことができる病院での診療がすすめられています。AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で、男性ホルモンの影響によって徐々に毛髪の量が減少していく症状のことを指しています。この症状は30代以上の男性に多く見られるものの、20代で発症するケースも少なくありません。では、AGAの専門的な治療を医療機関で受けたいと思う人が覚えておくと良い4つのポイントをチェックしていきましょう。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

薄毛治療を専門に扱う病院はあるのか?

近年、CMなどを通して「AGA」という言葉の認知度が確実に上昇しています。これに伴い、AGA治療を専門に扱うクリニックの数は東京や大阪などの大都市圏を中心として、国内各地で着実に増えてきています。大抵は「AGA専門」という点を前面に打ち出して営業活動を行なっているので、クリニックを見つけることはさほど難しくありません。クリニックの医師は多くの場合皮膚科医として多くの経験と知識を持ったエキスパートです。中には整形外科医や心療内科医など、さまざまな分野のエキスパートで編成したチームとして治療に当たっているケースもあります。基本的にどのクリニックでも電話やメールによる無料カウンセリングを受け付けているので、「いきなりAGAクリニックへ行くのはなんとなく気恥ずかし」という男性たちからは大変好評です。

薄毛治療専門クリニックの特徴

薄毛専門クリニック(AGAクリニック)の際立った特徴は「AGAに特化した医療処置を受けられること」でしょう。クリニックで患者の応対をするのは、豊富な臨床経験を持つ医師ばかりです。医師たちは膨大な量のデータを蓄積しており、各患者が過去にあったどの事例と類似しているのかを確認していきます。そして、それぞれの患者とカウンセリングを行ない、症状を細かく診断して、一人ひとりに合った最適な治療法を提案してもらえます。こうした手順を踏んだ上で処置に入るわけですから、患者としては大きな安心感を抱くことができるでしょう。自分一人でサプリメントを購入する場合、「きちんと毛髪が増えるだろうか」と不安になることが多いでしょう。一方、AGAクリニックを利用するなら、薄毛の原因がホルモンバランスなのか、それとも皮膚の異常なのかといった原因をきちんと知ることができ、また確実性の高い情報に基づいて症状改善に役立つ治療薬およびサポート役となるサプリメントなどを提案してもらうことができます。

「AGAクリニックは健康保険が適用されない」というのも特徴と言えるでしょう。AGAに関する医療処置は美容整形と同じようにみなされているため、保険を利用することができないのです。とはいえ、AGAの治療には少なくとも半年前後の時間がかかりますので、大抵のAGAクリニックでは処方する薬やカウンセリングの料金を安く抑えることにより、患者が通いやすくなるようにサポートしてくれています。唯一の例外は「頭皮で皮膚病が発生している場合」です。この場合には正式な医療処置とみなされるので、健康保険の適用内となります。ですから、頭皮のかゆみや痛みなどがある場合には、最初のカウンセリングを受ける時にその旨を担当する医師へ伝えておくようにしましょう。

病院で薄毛を治療するメリットとは

専門のクリニックで薄毛の治療を受けるメリットは3つあります。1つ目は「自分に合った薬を処方してもらえること」です。薄毛の症状を改善するとされる経口薬は幾つもありますので、その中から自分の症状に合ったものを選ぶのは容易なことではありません。一方、臨床経験が豊富な医師たちは、詳しい問診と頭皮の状態をチェックすることによってAGAの進行具合を判断し、より患者に合った薬剤を見極めることができます。これは病院を利用する大きなメリットと言えます。

2つ目は「質の良いカウンセリング」です。育毛サプリメントを定期的に摂取していても、薄毛の症状が本当に改善しているのかどうか実感するのは難しいことです。一方、病院では定期的に医師が診察とカウンセリングを行なってくれます。その中ではAGA症状がどのように改善しているのかを映像データなどで確認してもらえるので、「治療を続けてみよう」というポジティブな気持ちにさせてくれるのです。医師の中には「かつて薄毛の症状で悩んでいた」という人が少なくありません。そのため、患者一人ひとりの気持ちをよく察して手厚くサポートをしてくれます。

3つ目は「リスク管理が可能であること」です。薄毛の症状改善にはさまざまな薬が使用されています。その中には、服用することによって副作用が発生するリスクが伴うものもあります。クリニックでは医師が各薬剤のメリットおよびデメリットをきちんと説明してくれますので、自分の体質に合わせた的確な薬剤を選んでもらうことができます。ネット通販で販売されている商品で「髪の毛が増える」とされている輸入品の中には、薬効成分がほとんど入っていないものもあります。一方、病院で処方される薬はすべて有効成分が確認されたものばかりなので、誰もが安心して使用することができるでしょう。

薄毛治療で処方される薬と効能について

病院でもっとも頻繁に処方される薬は「プロペシア」です。プロペシアの主な効能は「抜け毛を減らすこと」にあります。AGAが起きるのは男性ホルモンの働きによるところが大きいと考えられ、中でも「テストステロン」が変質した「ジヒドロテストステロン」が毛乳頭に働きかけて抜け毛を促進していることが主な原因とされています。プロペシアにはテストステロンからジヒドロテストステロンへと変質する過程を抑制する働きがあるため、定期的に服用することで徐々に抜け毛の量は減少していくはずです。

ミノキシジル」は発毛効果がある薬として、プロペシアと同時に処方されることが少なくありません。ミノキシジルには血圧を安定させて血流を活発化させる働きがあります。血流が改善すると毛根への栄養供給がスムーズになるため、結果として新しい毛髪が生えやすくなるのです。高血圧を患っている人はミノキシジルを服用することで血圧が不安定になって体調不良を引き起こす可能性があるので、事前に処方箋を出してもらう担当医師に話をしておくと安心でしょう。

副作用のリスクが低いことから「パントスチン」も頻繁に処方されています。パントスチンには「αトラジオール」という有効成分が配合されており、この成分が体内に取り込まれると、プロペシアと同じようにジヒドロテストステロンの生成を抑えてくれます。パントスチンは男性のAGAだけでなく、女性の抜け毛症状にも効果があるとされています。ただし、妊娠期間中には使用を控えるのが賢明です。パントスチンの服用による副作用のリスクは非常に低いので、年齢や体力に関わりなく薄毛に悩んでいる人は誰でも活用することができるでしょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ