ミノキシジルの3倍?!キャピキシル育毛効果とは?

薄毛で悩んでいる方であれば、こっそりとインターネットで情報収集をしているという方も多いのではないでしょうか?誰かに相談するのには抵抗があるでしょうし、インターネットであれば簡単に情報を収集することができます。その中でいろいろな成分についての情報を目にしたかと思います。

いろいろな成分について知って、最終的にキャピキシルという成分にたどり着いたという方もいるでしょう。キャピキシルは実際に発毛成分、育毛成分としてかなり期待の持てるものです。ここでは、そのキャピキシルについて詳しくご紹介していきたいと思います。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

そもそもキャピキシルとは何か?

キャピキシルは発毛効果や育毛効果が期待できる成分です。ただ、キャピキシルという成分が最初から自然界に存在しているわけではありません。キャピキシルという成分は、開発によって誕生した成分なのです。

キャピキシルという成分を開発したのは、カナダの化粧品メーカーです。「LUCAS MEYER COSMETICS社」というところがキャピキシルを開発しました。アセチルテトラペプチド-3という成長因子とアカツメクサ花エキスという植物エキスによって構成されています。

気になるキャピキシルの発毛相乗効果!

キャピキシルには発毛効果や育毛効果が期待できると言われており、その効果はあのミノキシジルの3倍とも言われています。ミノキシジルの3倍の効果と言われるとそれだけでかなりの期待が持てるのですが、そもそもキャピキシルとミノキシジルではアプローチの仕方が違ってきます。

ミノキシジルにおいては、血管の拡張と毛母細胞の活性化というものがポイントになってきます。しかしながら、キャピキシルにおいては、男性の薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを生み出してしまう5α-リダクターゼという酵素の阻害と衰えてしまった毛母細胞の復元がポイントになってきます。キャピキシルは薄毛の原因へのアプローチだけではなく、細胞の復元にも働きかけてくれるのです。

男性の薄毛というのはAGAでよく知られる男性型脱毛症であることがほとんどですが、その進行を食い止め、細胞の復元によって発毛や育毛が期待できるのです。どちらかに働きかけるのではなく、脱毛を食い止めつつ髪も生やすという両方へのアプローチがあるからこそ相乗効果が期待できるのです。実際におこなわれた実験でもキャピキシルは優れた効果を発揮しています。

併用で効果を高めるという意識を忘れないように!

キャピキシルはミノキシジルの3倍もの効果を持っているという話はいろいろなところで取り上げられているのですが、これはあくまでもキャピキシルとミノキシジルを単体で比べた場合の話です。基本的に薄毛には、ひとつの成分やひとつのやり方だけでアプローチしていくわけではありません。

たとえば、ミノキシジルの場合であれば、フィナステリドとの併用が多くなります。他の成分との併用の上で改めて比較してみると、また違った結果が出てくるかもしれません。キャピキシルだって基本的には育毛剤として使っていくわけですから、それ以外のアプローチだってできるわけです。むしろ、育毛剤だけで爆発的な効果を実感できるということはあまりないでしょう。

単純に成分単体で比較してどちらがいいといった見方をするよりは、高い効果を発揮できるように他のものも併用していくという考え方を持っておいたほうがいいでしょう。育毛剤やサプリメントなど薄毛にアプローチできるものはいくつもあります。だからこそ、専門家に相談しながら併用で効果を高められるような選択をしていきたいものです。

キャピキシルの安全性のほどは?

薄毛に悩んでいる男性にとって、頭皮というのはとても重要でデリケートな部分になります。手で触れるのにも細心の注意を払っているという方も多いのではないでしょうか。だからこそ、その頭皮につける成分においてはその安全性が気になるものです。

では育毛成分、発毛成分として期待のできるキャピキシルなのですが、その安全性のほどはどうなのでしょうか。キャピキシルは世界的にも広まっている成分ですし、世界各国で愛用者が増えているものです。その具体的な成分内容も公表されていますし、副作用の報告といったものはなされていません。口コミなどでの効果の高さなども踏まえれば、とても安全性の高い成分といえるのではないでしょうか。

天然成分だから安心というわけではない!

キャピキシルに関しては、副作用の報告もなされていませんし、安全性は高いといえるでしょう。ただ、キャピキシルを含めて天然成分だから安心という認識は改めたほうがいいでしょう。というのも、現在の日本国内では「天然成分=安心」というイメージがかなり根強くなっているのです。

天然成分といっても肌に合わないということはあります。それに、そのままでは吸収されにくいからこそ加工している成分というのもあるのです。天然成分だから安心ということであれば、とっくの昔にすべての商品が天然成分のみで作られているはずです。

薬の場合、薬だからこそその表現にいろいろと制限がかかってきます。しかしながら、天然成分となってくると薬ではありませんので、表現の自由度というものがかなり高くなってきます。そのため、薬よりも天然成分のメリットのほうが強調されてしまうのです。ただ、実際には毒を持っている植物などもあるわけですから、天然成分だから安心というわけではないのです。

自分に合う安心安全なものを選ぶことが大切!

基本的にはキャピキシルの安全性は高いといえます。ただ、実際に使ってみないとわからない部分のほうが大きいです。天然成分だからと油断せずに、自分に合う安心安全なものを選ぶようにしましょう。

まれに、異常が出ているのに「天然成分だから・・・」という理由でムリに使用を続けるような方もいます。ただ、天然成分であっても使ってみて何かしらの異常が起こるのであれば、それはその天然成分が合わないということかと思います。天然成分にこだわらず、他の方法で薄毛にアプローチしていきましょう。

キャピキシルに副作用はあるの?

キャピキシルが発毛効果や育毛効果に期待できるというのはおわかりいただけたかと思いますが、気になるのがその副作用です。ただ、副作用に関しては心配する必要はありません。というのも、キャピキシルというのは薬ではありませんので、副作用のリスクはほとんどありません。

ただ、薬ではないといっても成分としての相性はあります。キャピキシルが合わない場合、副作用ではないにしても何かしらの異常が起こる可能性はあります。ここではキャピキシルで起こり得る症状についてご紹介していきたいと思います。

頭皮における異常

キャピキシルは基本的に育毛剤として利用していくことになります。これはキャピキシルに限った話ではないのですが、育毛剤においては頭皮における異常というものが副作用として起こりやすいものです。髪や頭皮にとっていい成分であっても、異物を乗せることになるわけですから異常が起こるのは何もおかしなことではありません。

頭皮のかゆみやかぶれ、湿疹といった症状は、育毛剤ではよくある症状とも言えるでしょう。我慢できる程度のちょっとしたかゆみということであれば様子を見てもいいかと思います。ただ、我慢できないないかゆみでかきむしってしまう、かぶれや湿疹が起こっているという場合には使用を中止して、お医者さんに相談したほうがいいでしょう。

キャピキシルには植物由来の成分が含まれていることもあり、漠然と頭皮に優しいというイメージがあるかもしれません。ただ、植物由来の優しい成分が肌に合わないという方もいるのです。特に、敏感肌の方は注意しておきましょう。

初期脱毛

初期脱毛というのは、副作用ではありません。どちらかというと、育毛剤が効いていることの証になります。ただ、初期脱毛を実際に経験すると「副作用!?」と思ってしまうくらいの衝撃を受けることになります。

初期脱毛というのは、一時的に髪が抜ける症状です。結構な量が抜けてしまうので、初期脱毛について知らない方だと驚いて育毛剤の使用をストップしてしまうこともあります。確かに一時的に結構な量の髪が抜けてしまうのですが、それがいつまでも続くわけではありません。

初期脱毛というのは、異常だったヘアサイクルが正常化されることによって起こります。本来であればもっと前に抜けるはずだった髪が一気に抜けるため、一時的に抜け毛が多くなります。誰にでも起こるものではないのですが、経験する方は多いので、育毛剤を使うのであれば初期脱毛についてはきちんと理解しておくべきです。

キャピキシルはどんな成分からできているの?

男性の薄毛に嬉しいキャピキシルなのですが、キャピキシルというのは具体的にどのような成分からできているのでしょうか。キャピキシルにおいては、「アセチルテトラペプチド3」「アカツメクサ花エキス」という成分がメインになってきます。このふたつの成分が組み合わさることによって、キャピキシルであると定義されるのです。

「アセチルテトラペプチド3」と「アカツメクサ花エキス」のふたつが組み合わされることによって、発毛効果や育毛効果が期待できるようになります。ちなみに、キャピキシル成分が3%以上含有されている場合にのみ、原料メーカーから認証エンブレムが付与されることになっています。では、「アセチルテトラペプチド3」と「アカツメクサ花エキス」のそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

アセチルテトラペプチド3

アセチルテトラペプチド3という成分を今ここで初めて知ったという方がほとんどかと思います。アセチルテトラペプチド3というのは、4つのアミノ酸で構成された物質です。とても強い細胞修復作用を持っているのが特徴です。

この強い細胞修復作用というのは、医療の現場でも活かされています。たとえば、怪我などで皮膚の修復が必要な場合には、高い細胞復元効果を発揮してくれるのです。この作用は、衰えてしまった毛母細胞の復元でも発揮されます。これによって発毛作用、育毛作用といったものが期待できるのです。

アカツメクサ花エキス

アセチルテトラペプチド3よりは、字面的にもアカツメクサ花エキスのほうが親しみやすいのではないでしょうか。こちらのほうがなんとなくでも想像がつくでしょう。アカツメクサはマメ科の多年生植物で、「レッドクローバー」とも呼ばれることもあります。その昔から薬用ハーブとして使われてきました。

アカツメクサ花エキスには、ビオカニンAという成分が含まれています。男性の薄毛というのはテストステロンが5α-リダクターゼという酵素の働きかけによってジヒドロテストステロンになってしまうことによって起こるのですが、ビオカニンAはこの5α-リダクターゼの働きを阻害してくれるのです。その効果はあのフィナステリドと同じくらいだと言われていますので、かなり期待が持てる成分です。

キャピキシルが使われている育毛剤にはどんなものがあるの?

薄毛で悩んでいる男性にとって、キャピキシルは本当にありがたい成分です。キャピキシルについてしっかりとリサーチしている方であれば、すでにキャピキシルが使われている育毛剤があるということについてもご存知でしょう。実際に、キャピキシルが使われている育毛剤というのはその人気を高めています。

薄毛に改善のためにすでに育毛剤を使っている方も、せっかくならキャピキシルが使われている育毛剤に変えるといいでしょう。では、具体的にキャピキシルが使われている育毛剤にはどのようなものがあるのかについてご紹介していきたいと思います。選択肢はそう多くありませんので、選びやすいかと思います。

モンゴ流スカルプエッセンス「Deeper3D」

モンゴ流スカルプエッセンス「Deeper3D」は、キャピキシルが使われている育毛剤の中でもトップクラスの人気を誇ります。もっとも売れているキャピキシル育毛剤といっても過言ではないでしょう。キャピキシルに加えて、グロースファクターを配合しているのが特徴です。

グロースファクターの中でも特に発毛や育毛に有効とされている8種類をブレンドしています。グロースファクターは再生医療にも使われるほどのものですから、かなり期待が持てます。使いやすいこともあり、そのリピート率は90%を超えていますし、満足度もかなり高いようです。

キャピキシル配合スカルプローション「THE SCALP 5.0C」

キャピキシル配合スカルプローション「THE SCALP 5.0C」は、先でご紹介したモンゴ流スカルプエッセンス「Deeper3D」と双璧をなしているといっても過言ではないほどのキャピキシル育毛剤です。トップクラスの人気を誇っています。当然、愛用者も多いです。

キャピキシル成分だけではなく、グロースファクターを含めた41種類もの成分を配合しています。キャピキシルが使われている育毛剤に限らず育毛剤というのはべたつくものが多いのですが、サラッとしたつけ心地が特徴になっています。あのモンドセレクションで金賞を受賞しているのも大きなポイントです。

BOSTON(ボストン)スカルプエッセンス

BOSTON(ボストン)スカルプエッセンスは、他のキャピキシル育毛剤とは違ったアプローチをしています。キャピキシル育毛剤はだいたいキャピキシルとグロースファクターの組み合わせなのですが、BOSTON(ボストン)スカルプエッセンスではキャピキシルとミノキシジル誘導体であるピディオキシジル、フラーレンという成分を組み合わせています。キャピキシル育毛剤の一言で片づけるには惜しいほどの育毛剤です。

キャピキシル育毛剤の中では新しいもので、愛用者も徐々に増えています。単品で購入すると割高な印象があるのですが、定期購入であればかなりお得に購入することができます。サポート面でも充実しています。

フィンジア(FINJIA)

フィンジア(FINJIA)はキャピキシルに加えて、ピディオキシジルというものを配合しています。しかも、ピディオキシジルを限界濃度である2%まで配合しています。ビワ葉エキスなどの植物の力も借りているキャピキシル育毛剤になります。

スタイリッシュなパッケージがひとつの特徴になっています。また、キャピキシル育毛剤の中では比較的低価格な部類に入ります。そのため、続けやすいという部分も魅力のひとつになっているのではないでしょうか。

バイタルウェーブローション

ここまでいろいろなキャピキシル育毛剤をご紹介してきましたが、その中でももっともリーズナブルな価格を実現しているのがバイタルウェーブローションです。キャピキシル育毛剤を初めて利用するという方でも安心の価格です。リーズナブルだからこそ、継続して使っていくことができます。

キャピキシル5%配合というだけでも魅力的なのですが、他にもリデンシルやフコイダンといった成分も配合されています。価格を抑えているわりには、かなり期待できる成分が配合されています。スポイトタイプの育毛剤という部分もひとつの特徴です。

まとめ

ミノキシジルの3倍もの育毛効果を持つと言われているキャピキシルは、今とても注目を浴びています。安全性も高いでしょうし、目立った副作用も報告されていません。キャピキシル配合の育毛剤も出てきていますので、薄毛へのアプローチのひとつとして考えておくといいでしょう。もちろん、他のものとの併用で効果を高めることも忘れないようにしておきたいものです。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ