AGAは放っておけない!育毛サプリとクリニックの効果はどっちが良い?

AGAで悩んでいる方は増えている様ですが、前向きに治療するにはどのような方法が良いのでしょうか?自分一人では解決するのがとても難しい毛髪の問題は放ってはおけない心配な症状です。医師の診察を受け全部医師の言う通りにするのが良いのでしょうか?

それとも自分で選んだサプリメントを使用するのが良いのでしょうか。治療費の総額は長くなればどんどんと増えていきます。サプリメントもシャンプーなどのヘアケアを加えると高価になってしまいます。

悩むところですが、選択の仕方は人それぞれです。あなたはどちらの方法が合っているのでしょうか。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

育毛サプリメントとAGA治療薬の比較

サプリメントである育毛サプリメントと治療薬である薬とどのような点が違うのでしょうか。最初に挙げられる大きな違いがサプリメントは健康食品の一種類だという事です。

他方の治療薬ですが、医療的にその治療薬が効くと言う理由が証明されたものだという事が言えます。その治療薬が「○○」という病気に効くとして認可したものがAGAの治療薬という事になり、医師が出した処方箋が無いと薬を買うことができません。

しかしサプリメントは健康食品の一部でドラッグストアやスーパーマーケットで販売されており、簡単に手に入れることができます。健康食品とは単なる食品で健康への効き目は国の承認を受けていません。

育毛のサプリメントは、誰でも簡単に購入する事ができる身近な存在で、AGA治療薬は医師の診察を受けた上で医師の判断で処方され、薬局で購入できる医薬品だということです。

しかし、サプリメントの業界でもその成分の効果は多くの実験や、団体や、大学などの試験や検証で効果がはっきりとしているものも多くあります。

ですので、薄毛対策のサプリとしては、効能をしっかりと調べてから購入する事で効き目を感じることもできます。サプリメントの役割としては、薄毛対策で簡単に始めることができる身近な方法で、医師の診断を受ける前に試してみる良いチャンスと言えます。

育毛サプリメントの種類と効果

育毛サプリメントも多くの種類があるのですが、まずは購入前にどんな分類ができるのか見ていきましょう。

大きく分けて2つになりますが、一つ目は「総合栄養型」でもう一つが「特効薬型」と言えるものです。薄毛の原因はそのほとんどが男性ホルモンだという事が言えますが、生活習慣は個人個人で違うものですので、食生活を重視している人は栄養不足の心配はありません。

その栄養不足と言うのは、たとえば飲酒量が多い人など肝臓の負担がアルコールの分解でかなり重くその場合は、食事から摂った栄養が吸収されない場合があります。そんな生活習慣ですと、髪の育毛に必要な栄養素を体外から摂っていないという現状になる訳です。

このケースですと、栄養不足が考えられますので「総合栄養型」の育毛サプリメントを選ぶのが妥当だと言えます。これに比較して普段もコンスタントに食事をしており栄養も偏っておらず運動もまめにしているのであれば、「育毛」中心に考えた栄養素や成分を摂取するだけで良いので「特効薬型」を選ぶのが妥当と言えます。総合栄養型と特効薬型の判断基準は、毎日の食生活が基準となります。

また、次の判断基準は育毛に関する必要な成分です。「ノコギリヤシ」「フィーバーフュー」「亜鉛」「イソフラボン」この様な成分が育毛サプリと謳った製品で良く見かけます。

これらの成分は、髪を作る毛母細胞や髪を作り始める指令を出す毛乳頭に刺激を与えて働きを促進させるものや、男性ホルモン(テストステロン)を刺激する酵素「5αリダクターゼ」を抑制する事で「ジヒドロステロン」の分泌を抑える方向に働きかける成分を配合されているものが多く購入時の選択の基準となります。

AGA治療薬の種類と効果

主な治療薬が「プロペシアフィナステリド含有)」や「ロゲイン(ミノキシジル含有)」「クリニックのオリジナル治療薬」が挙がります。

「プロペシア」は多くの国で使用されており日本でも製造販売されるようになった薬剤です。

「フィナステリド」という成分が、酵素「5αリダクターゼ」を抑制する事で毛周期を狂わせてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害し薄毛の症状を改善していきます。

2016年に「フィナステリド」に良く似た成分「デュタステリド」を主成分とする「ザガーロ」の使用も日本でも始まっています。

「ロゲイン」はミノキシジルが成分ですが、フィナステリドと同様の効き目を認められている成分です。こちらは塗布するタイプの発毛剤で頭皮の血管に働きかけ血行を良くし、発毛を促進する薄毛に悩む人には力強い助けといえます。

「フィンペシア」はインド発の薬品で、フィナステリドを主成分として配合された治療薬です。「クリニックのオリジナル治療薬」については、クリニック独自の組合せで「フィナステリド」や「ミノキシジル」を組み合わせた治療薬がありますし、必要な栄養素「ビタミン」、「ミネラル」、「アミノ酸」をバランスよく処方するクリニックもあります。

サプリメントとAGA治療薬、どっちを選ぶか?

価格的にも安価に済むところもあってお手軽感は何と言っても育毛サプリとなるでしょう。医学的には立証されていない効果ですが、自分で頭皮の仕組みや、男性ホルモン(DHT)が狂わしてしまう髪の成長サイクルを知り、サプリ以外にも生活習慣の見直し、シャンプーなどの洗髪やその後の手入れ方法の見直しなどをして総合的に改善する事も効き目を挙げる期待ができます。

ただサプリメントが効き目をもたらさなかった場合に、専門医に診てもらうタイミングが遅くなってしまうと言うデメリットもあります。年齢的に若い段階で医師の診断を受ける事で治療が進む可能性があるからです。また、医師の考えもさまざまでクリニックによって違う事も有り、何処まで行っても自分の判断力が問われてしまう事になります。

医師の治療はサプリメントに比べ高くなるのは必至で、薄毛対策の男性ホルモン(DHT)の抑制には長期に渡って服用する必要もありますので、覚悟も必要だと言えます。どちらが良いという判断より、全体像を把握して自分にはどの方法が合うのかを探っていくと良いでしょう。

悩めるAGA、育毛のサプリも治療薬もどっちも効果あり

日本の薄毛に対する治療が遅れているとはいえ、近頃では選択肢も増えていてどれを選ぶのかも個人の判断になってしまいます。医師を選ぶのも大変だと言えそうです。クリニックの場合は、長期に通う事になるので、治療費と通いやすさを考慮して選択するのが良いでしょう。

また、サプリの選択肢も非常に多く、たとえばサプリの広告ひとつにしてみてもまぎらわしいものが多く、簡単に宣伝文句に乗らない様にしたいものです。ひとつの成分たとえば「ノコギリヤシ」にしてみてもオイル状で摂るのと、粉状でとるのと効果が5倍違うのにその辺りを真摯に宣伝している商品は殆どありませんでした。

じっくりと対策を練りたいのなら専門のクリニックをお勧めします。手軽に考えたいのならば、じっくりと勉強してからサプリの比較をする必要があります。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ