遺伝子検査でAGAをチェックして早めに治療対策を!

昔から男性の薄毛は遺伝が大きな原因とされてきました。身内に薄毛がいる人は薄くなりやすい、おじいさんが薄毛だと隔世遺伝するなどなど。現在では薄毛の研究が進んでいることもあり、必ずしも遺伝が原因ではないと考えられています。食生活をはじめとした生活習慣の問題、あるいはストレスの影響などが大きいと考えられているからです。しかしそれでも遺伝の影響は無視できず、生まれつきの体質が薄毛を進行させるひとつの要因と考えられています。

実際のところ薄毛の原因に占める遺伝の割合はどれぐらいなのかに関しては現在でも専門家の間で意見が分かれており、遺伝の比重はそれほど高くない、いや、やはり遺伝が最大の要因だ、など正反対の意見も見られます。ただAGA(男性型脱毛症)に関してはやはり遺伝の影響は無視できないという点では意見が一致しています。

そうなるとできるだけ早い段階で対策を開始したほうが効果が得られやすいことになります。まだ薄くなる前に、遺伝的にリスクを抱えている人は治療をはじめることで早い段階で薄毛が発生するメカニズムを防ぐこともできるのです。その方法として遺伝子検査が注目されています。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

AGAとは?

この男性型脱毛症と呼ばれる薄毛はその名前のとおり男性に見られるものです。前頭部や頭頂部から髪の毛が少しずつ薄くなって全体に広がっていくという典型的な薄毛の症状で、急速に進行してあっという間に髪の毛の量が減ってしまうケースも見られます。これまで多くの男性を悩ませてきた薄毛の多くがこのタイプとも言われています。

近年では女性の薄毛も増えていますが、この男性型とは症状の段階で違いが見られます。男性の場合は先述のように前頭部や頭頂部からはじまり、どんどん薄くなっていくのに対して女性の場合は頭部全体が少しずつ薄くなっていくのが特徴です。これはびまん性脱毛症と呼ばれているもので、全体が薄くなっていく一方でそれほど急速に抜けていくわけではないので男性のように極端に薄くなった部分が目立つ、一度薄くなってしまった部分にはもう毛髪が生えてこないといったことはありません。

どうして男女間でこれほど差が出るのか?その原因として考えられているのが男性ホルモンが発毛・育毛にもたらす影響です。

毛髪は毛根部にある毛母細胞という部分で作られています。通常のヘアサイクルではこの部分に血液を通して栄養と酸素が届けられ、活発な細胞分裂が行われながら毛髪が作られています。このサイクルが問題なく機能していればヘアサイクルも正常な状態が保たれ、健康な毛髪が生えてくるわけですが、なんらかの原因で乱れが生じてしまうこともあります。食生活やストレスが原因の血行不良や老化による新陳代謝の低下などがよく挙げられますが、その原因に男性ホルモンが非常に大きな影響を及ぼしていることもあるのです。

男性ホルモンのテストステロンがたくさん分泌されているとそれが5αリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されていきます。そしてこのDHTがアンドロゲンレセプターという物質と結合した結果、毛髪が先述した毛髪が作られるメカニズムに介入して妨害を始めるのです。その結果うまく毛髪が作られなくなりヘアサイクルに乱れが生じていきます。

遺伝子検査とはどんな検査?

問題なのはどうしてこのような男性ホルモンを巡るメカニズムが発生するか、です。男性ホルモンの分泌量がもともと多い、あるいは生活環境の影響で活発に分泌されるとこのメカニズムが発生しやすくなるのがまずひとつ、しかしそれ以上に大きいと考えられているのが男性ホルモンをDHTへと変化させる5αリダクターゼと、DHTと結合してヘアサイクルを乱してしまうアンドロゲンレセプターの存在です。5αリダクターゼの量がもともと多い人、アンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほどこのメカニズムが発生しやすく、男性ホルモンが薄毛に影響を及ぼしやすくなるわけです。

そしてこの5αリダクターゼの量とアンドロゲンレセプターの感受性こそ、生まれつきの遺伝、体質が深くかかわっている要因と考えられています。つまり生まれつきこれらの特徴が見られる人は薄毛が起こりやすくなるわけです。

ならば実際に薄毛が始まる前に遺伝的な特徴を備えているかどうかチェックしよう、というのが遺伝子検査です。かつては対策が難しいといわれていた男性型脱毛症も医学の進歩によって予防・改善ができる時代になっています。フィナステリドに代表される「飲む育毛剤」と呼ばれる内服薬が登場し、5αリダクターゼの活動を抑制するなどして薄毛の進行を防ぐことができるのです。ですから本格的に男性型脱毛症の症状が進行をはじめる前に適切な対策を行っておけば効果的に薄毛を防いでいくこともできるわけです。

ただ遺伝子検査というとちょっと身構えてしまう方も多いはず、怖い検査ではないのか、痛い思いや面倒な思いをしなければならないのではないか?そんな不安を抱えていると検査の必要性を感じていてもなかなか行動に移せずズルズルと先伸ばししてしまいがちです。その結果対策が後手後手にまわって十分な対策が行えなくなってしまう。そんな問題を防ぐためにもそもそもどんな検査が行われるのか知っておきましょう。

検査は被験者からサンプルを採取したうえでそこに含まれている遺伝子をチェックする形になります。ですから遺伝子の情報を入手できるサンプルを採取できればあとは本人は何もする必要がないのです。どのような形で採取するかは検査を行う機関によって異なります。

代表的なところでは綿棒などで口内の粘膜を採取する方法、唾液を採取する方法、血液を採取する方法、毛髪を採取する方法などがあります。これらを見ても血液以外はいたって簡単、痛みを感じることもなく簡単に済ませることができます。口内の粘膜を採取する方法などは自分で採取して郵送でチェックしてもらう方法もあります。医療機関に赴いて検査を受けるのはちょっと抵抗がある、という方はこうした方法も検討してみるとよいでしょう。

遺伝子検査にはどのような種類がある?

検査には大きく分けて2つの種類があります。すでに少し触れましたが医療機関で行う検査と、自分でサンプルを採取して検査機関に郵送して行う検査です。後者のほうが敷居が低くやりやすいメリットがありますが、前者は医師のもとで説明や対策の計画などを聞きながら受けられる点が大きな魅力です。

医療機関で受ける検査の大きな問題点は近くに対応しているところがあるかどうかでしょう。一般の病院ではまだ対応しているところが少なく、一方ではAGA対策を本格的に行っているヘアクリニックはどうしても数が限られてきます。都会に住んでいる方ならヘアクリニックを探しやすいかもしれませんが、地方に住んでいる場合はなかなか思うように見つけられないもの。インターネットなどで事前に情報を入手したうえで通える範囲内に検査を受けられる医療機関がないかどうかを確認してみましょう。

なお、遺伝的に薄毛のリスクあり、と判断された場合にはそのまま対策を開始するのが一般的です。その場で内服薬を受け取ることにもありますし、今後の計画を話し合うこともあります。そうなると継続的に通うことになるので通院が可能かどうかも考慮したうえで選んでいくことが必要でしょう。

一方自分でサンプルを採取する方法は専用の検査キットを購入し、サンプルを採取したうえで検査機関に郵送する形をとっています。通院する必要がないのでどこに住んでいても受けられるのが最大の魅力、また検査キットの価格は数千円程度。医療機関で検査を受けるとなると2~3万円程度の費用がかかってしまうのでコスト面でも非常に大きな魅力です。

サンプルは口内の粘膜を採取する形が多く、コツをつかめば誰でも簡単に行うことができます。衛生状態や保管に十分注意し、できるだけ正確な検査ができるよう心がけたうえで郵送する形になります。

薄毛は気にならないけど親族に薄毛の人がいるので自分が遺伝的な要因を抱えていないかどうか不安という人、少し薄毛が気になっているので今後の対策のためにもAGAかどうかを確認しておきたいなど、まだそれほど深刻ではない状況ではこうした自分でできる検査キットが適しているでしょう。

この2つの方法のうちどちらがよいのか?人によって判断が異なるので一概には言えませんが、大まかに言えば正確な検査結果を知りたいなら医療機関で、手軽で安価に済ませたいなら検査キットで、ということになるでしょう。ただ検査キットの場合注意したいのは結果で男性型脱毛症の遺伝要因を抱えていると出た場合、自分で方法を探していく必要がある点です。医療機関で受けた場合には引き続き投薬などの対策に入ることができるわけですが、検査キットの場合は新たに病院なりヘアクリニックなどを探さなければなりません。ムリなく通うことができるかどうかなど、結局医療機関で検査を受ける場合と同じ面倒が伴うわけです。この点も考慮したうえで受ける検査方法を決めるようにしましょう。

セルフチェックはできる?

このように検査を受ければ薄毛のリスクを遺伝的に抱えているのかどうかを客観的&正確に判断することができるわけですが、その前に自分でチェックしてみましょう。いきなり高額の検査を受けるのは抵抗がある、という場合はセルフチェックで確認しておけば検査を受ける価値があるかどうかを判断できます。

最大のセルフチェックはやはり家族・親族の髪の毛の状態を確認することです。遺伝的な要因で薄毛が進行していくわけですから、遺伝子を共有している人たちの間で症状が見られていれば自分にもリスクあり、と見ることができるわけです。よく薄毛は隔世遺伝で伝わるといわれますが、おじいさんだけでなく父親、さらに兄弟やおじ、いとこくらいまで確認しておくとよいでしょう。とくに若い段階から薄毛が進行している親族がいた場合には要注意、確認のためにも検査を受けておいたほうがよいでしょう。

自分の状態でチェックする場合にはすでに薄毛が見られるかどうかで方法に違いが見られます。もしすでに薄くなりはじめている場合にはどの部分から薄くなっているのかを見ておきましょう。原因に挙げた5αリダクターゼは頭頂部と前頭部に多く、まずこの部分から薄くなっていくケースが多く見られます。生え際が薄くなっている場合には確認しやすいですが、頭頂部は気づかないうちに進行していくこともあるので要注意です。

また頭皮の状態もチェックしてみましょう。たとえば血行不良は栄養と酸素が毛根に届きにくくなってしまうことでヘアサイクルを乱し、薄毛・抜け毛の大きな原因となります。その場合には遺伝的な面とは関係なく薄毛が進行している可能性が高くなりますし、血行を促すケアが求められます。頭皮は血行がよい状態だと白く、悪くなると赤みを帯びます。もし頭皮を確認して真っ赤な状態だったらまず血行改善の対策を優先しましょう。髪の毛があるとなかなか頭皮の色を確認する機会が少なくなるので定期的に髪の毛を分けた状態で鏡でチェックしてみましょう。

薄毛がまだ見られない場合には男性ホルモンの状態を確認してみましょう。男性ホルモンの分泌量が多い人ほどAGAになりやすい傾向が見られます。皮脂の分泌量が多く皮膚が脂っぽい人はとくに要注意、また確認が難しいですが性欲が活発な人も薄毛のリスクが大きいと考えられているので気をつけてみましょう。

遺伝子検査・治療にはデメリットがある?

そもそも薄毛そのものが命にかかわる症状ではないので検査を受けたからといって深刻な症状を抱えるといったことはありません。放射線を使用するとか、特別な薬剤を投与するといったこともなく、血液や唾液、口内の粘膜を採取するだけなので体に負担がかかることもありません。ですから健康面におけるデメリットはないといってよいでしょう。検査で薄毛のリスクがあるかどうかを確認できるメリットだけを得ることができる優れた方法といえるわけです。

ただし健康面とは関係ないところでデメリットというか、注意点がいくつか出てきます。まず100パーセント確実な結果が出るとは限らないこと。先ほども少し触れましたが、検査キットを利用して自分でサンプルを採取する検査では医療機関で行われる検査に比べてどうしても精度が落ちてしまいます。なんらかの理由でサンプルがうまく採取できなかった、遺伝子をしっかりとチェックできなかったといった事情で遺伝的なリスクが見過ごされてしまう可能性も出てくるのです。検査で陰性だったからと安心して対策を怠ってしまうと必要な治療を受けられないまま薄毛が進行してしまう恐れがあります。

また薄毛の原因は必ずしも男性型脱毛症ばかりとは限りません。複数の要因が複雑に絡んで進行していくことも多く、遺伝的な要因に生活習慣の問題がプラスすることで抜け毛がどんどん加速していくといったケースも考えられます。そのため検査結果ばかりに頼ってしまうと他の要因に意識が向かなくなってしまうことで十分なケアができないこともあります。

たとえばストレスが蓄積して頭皮の血行が悪化したり、男性ホルモンの分泌量が増加している場合、または肉ばかりを食べている、糖分・脂分の摂取量が多い食生活を送っているといった問題を抱えている場合、それを改善しないことにはいくら医療機関で男性型脱毛症の専門的な施術を受けても十分な効果が得られないかもしれません。現代人はこうした生活習慣で知らず知らずのうちに薄毛の原因を抱えてしまっていることも多いので遺伝的な面だけで判断できない部分もあります。もし検査で遺伝的なリスクありと判断された場合でも自分の生活環境を見直し、自分なりの対策を行っていくことが大事です。

あとはデメリットとはいえないかもしれませんが費用がかかってしまう点はやはり見逃せない点でしょう。検査費用だけでなく、遺伝的なリスクあると判断された場合にはそのまま医療機関で投薬などの対策を行っていくことになります。となると年間で10万円以上の出費が必要になるでしょう。また検査で可能性ありと判断されたときに検査を受けたところとは別のクリニック・病院で治療を受けるという選択が難しい点もマイナス面です。どうしても検査を受けたところでそのまま対策を行っていく、選択肢が狭くなってしまう部分もあります。

プロペシアとザガーロって?

遺伝子検査でAGAのリスクあり、と判断された場合にはおもに内服薬の投薬が行われます。その選択肢となるのがプロペシアとザガーロです。これらは「飲む育毛剤」とも呼ばれており、これまで対策が難しいとされてきた遺伝的な薄毛に対して非常に優れた効果を発揮する内服薬です。そもそもこれらの薬が登場したことで遺伝子の検査の価値が高まったといってもよいでしょう。遺伝的に薄毛のリスクがあると判断できたところで有効な対策方法がなければあまり意味がないからです。検査結果に基づいてこれらの薬で対策ができるからこそ、早めの検査が価値を持つわけです。

この2つの薬のうち先発はプロペシアです。登場した当初は画期的な薬として大きな話題を集めました。じつはもともと薄毛対策用に開発された薬ではなく、当初は前立腺ガンや前立腺肥大に用いられていました。ところがこれらの改善のために投薬を行った患者のなかから毛髪が生えてくる、増えるといった症状が続出したため、薄毛対策にも活用されるようになったのです。前立腺の病気も男性ホルモンと深くかかわっている男性特有の病気です。そのため両方の改善に効果が見られたのだと考えられています。

具体的には先ほど挙げた男性型脱毛症のメカニズムに介入する働きを備えています。男性ホルモンが5αリダクターゼによってDHTへと変化し、それがヘアサイクルに介入することで発毛・育毛を阻害する…このプロペシアはこのDHTが発毛を阻害する働きを阻害することで効果を発揮するのです。

なおプロペシアとは製品名で、こうした効果を発揮するのは主成分として配合されている先ほど名前を挙げたフィナステリドという成分です。頭皮に直接塗布する育毛剤とは違い内服して体の内部からアプローチする点が大きな特徴です。

一方ザガーロは後発の薬で日本では2015年に認可されたばかり。基本的にはプロペシアと同じ効果を備えており、DHTがヘアサイクルに介入するのを阻害します。もともと前立腺ガン、前立腺肥大の薬として開発されたという点でもプロペシアと共通しています。

ただ後発ということもあってこちらのほうが治療効果が高いとの評価も見られます。こちらの有効成分はデュタステリドと呼ばれるもので、少々専門的な話になりますが、2種類ある5αリダクターゼのうちより薄毛と関係が深いと考えられている種類に効果を発揮すると考えられているのです。プロペシアはⅠ型・Ⅱ型の2種類の5αリダクターゼのうちⅡ型にのみ反応するのですが、ディタステリドは両方のタイプに反応するため、より高い効果が期待できるというのです。

ですから医療機関で投薬を受ける場合にはどちらの薬を使用するのか確認しておくとよいかもれしません。ザガーロはまだ日本では新しい薬ということもあって導入していない医療機関・ヘアクリニックも多いのが現状です。どうしてもザガーロがいい、という場合にはネットであらかじめ調べておくか、直接問い合わせて確認しておくとよいでしょう。

ただこれらの薬にはひとつ注意しなければならない点があります。副作用です。薄毛の進行を防ぐのはよいのですが、その代償として副作用が見られます。先ほどセルフチェックの部分で性欲が強い人は注意したほうがよい、と書きましたが、これらの薬を服用すると男性機能の低下が見られるようになります。年齢によっては勃起不全(ED)や性欲減退といった問題が出てきてしまうこともあるのです。まだ男性として活躍したい、子供がほしいと考えている方は注意が必要でしょう。ほかには腹痛、異の不快感、下痢、眠気といった症状が見られることもあります。

AGA以外の可能性にはどんなものがあるか

遺伝子検査・治療のデメリットの部分でも触れましたが、男性の薄毛がすべてAGAとは限りません。現代人はとくに生活習慣が原因で薄毛・抜け毛を抱えてしまうケースが多いといわれ、薄げに悩んでいる人のうち遺伝的な要素が大きい男性型脱毛症の人は4分の1~3分の1程度ともいわれています。つまりほかの原因で薄毛が進んでいる可能性のほうが高いということになるわけです。

ではほかにどんな可能性があるのか?一番に考えられるのが頭皮の状態の悪化、とくに血行不良です。確認方法はセルフチェックの部分で触れましたが、血行が悪化するとヘアサイクルと頭皮の新陳代謝の両方が悪化してしまうのでヘアサイクルが乱れやすくなります。食生活の改善やストレスの解消だけでなく、頭皮マッサージやイチョウ葉エキスなどに代表される血行改善効果を持つ成分を育毛剤で補うなど直接頭皮にアプローチできる対策も取り入れてみましょう。

それから新陳代謝の低下。とくにストレスと睡眠環境が原因に潜んでいるケースが現代人にはよく見られます。就寝中はホルモン分泌が活発になることで新陳代謝が活性化し、育毛・発毛も盛んに行われていきます。しかし睡眠時間が不足したり、ストレスの影響で質のよい睡眠が確保できない生活を送っているとこうした就寝中の活発な活動が妨げられてしまい、ヘアサイクルの乱れから薄毛・抜け毛に進行してしまうことがあるのです。

あともうひとつ、女性に多く見られる理由として過剰な頭皮ケアが挙げられます。一生懸命シャンプーをしすぎて頭皮を傷めてしまう、またはパーマやブリーチ剤で頭皮を傷めてしまうことも。現代では男性の間でも髪の毛を染めるなどおしゃれをするようになりましたし、清潔意識が過剰気味になってシャンプーを頑張りすぎてしまうことが増えているので気をつけましょう。

こうした現代人以外の可能性のほかには特殊なケースですが自己免疫疾患が原因と考えられている円形脱毛症、頭皮に細菌・真菌が増殖することで生じる皮膚炎なども挙げられます。

検査・治療を受けるクリニックはどう選ぶ?

クリニック選びについてはこれまでところどころで挙げてきたポイントを総括する形になりますが、まず通いやすいところを選ぶこと。プロペシア、ザガーロは基本的に(海外からの個人輸入を除く)医療機関で処方を受ける形で入手し、使用していく形になります。ですから継続的に通院できることが大前提。1回治療を受けただけで終わるというわけではないので気をつけましょう。一度の通院で1ヶ月分程度の薬を処方されるのが一般的なので毎月通院できるかどうかがひとつの目安になります。

それから実際に対策を行っていく環境。使用する薬がプロペシアかザガーロかだけでなく、そのほかの対策も総合的に行ってくれるかどうか。クリニックによっては生活習慣の改善に関するアドバイス・指導や漢方薬を取り入れた対策などを取り入れているところもあります。こちらの事情も考慮して親身に対応してくれるところがよいでしょう。このあたりは一度訪れて検査やカウンセリングを受けたときの対応で判断できます。

医療機関で行われる薄毛対策は一部の病気が原因の症状を除くと健康保険の対象外で全額自己負担となります。自由診療なのでクリニックごとに価格設定が異なるため、価格をできるだけ正確にチェックして比較検討したうえでできるだけ安いところを選びましょう。ただ安ければよいというわけでは必ずしもなく、先ほど触れた環境面、医師の対応なども考慮したうえで費用と環境のバランスが取れたところを選びたいところです。

基本的なパターンとしてはまずインターネットで検査と対策を行っているところをピックアップし、それぞれの料金や施術の内容、評判を比較検討する。そして2、3の候補まで絞り込んだところで気になる部分があったら直接問い合わせて最終的に選択する、という流れになるでしょう。クリニックのサイトに検査や対策方法、男性型脱毛症に関する詳しい説明やコラムなどが掲載されているかどうかも確認してみましょう。内容が充実しているところほど力を注いでいるところだと判断できます。

キャンペーンを利用する方法も!

このように薄毛の不安を抱えている方はできるだけ早く遺伝子検査を受けて遺伝的なリスクを抱えているかどうかをチェックしておくことが大事です。ただ費用的の面がネックで…とか、どうしてもためらいを感じてしまうという方は医療機関が提供しているキャンペーンを活用してみましょう。

期間限定で割引価格で検査を受けられるキャンペーンを実施しているところもあります。たとえば男性型脱毛を専門に扱っているAGAスキンクリニックでは期間限定で通常料金2万円の血液検査を無料で受けられるキャンペーンを実施しています。このクリニックは全国に40ヶ所以上展開されているので通える範囲内にあるかどうか確認してるのがオススメです。

またクリニックを利用する場合にモニター扱いで割引価格が適用されるキャンペーンなどもあります。具体的な割引率は各クリニックによって異なりすが30~50パーセントオフのお得なところもあります。いずれのキャンペーンも期間限定なのでチャンスを逃さないようにしましょう。

検査で確認することで有効な対策が可能に

このように男性の薄毛の場合、まず遺伝的な要因を抱えていないかどうかが対策を行っていくうえでの非常に重要なポイントです。親族に薄毛の人がいる場合にはとくに早い段階で実際に遺伝的な要因があるのかどうかをチェックしておくことで早め早めの対策ができるようになります。また薄毛が気になり始めた方もAGAかどうかを確認しておくことで医療機関での治療が必要か、育毛剤などのセルフケアで十分対応できるかを判断することができるでしょう。その意味では検査は単に男性型脱毛症かどうかを確認するだけでなく、自分にどんな対策が向いているのか、必要なのかを確認する手段でもあるわけです。

医療機関で直接検査を受けるか、検査キットを使って自分で行うか。どちらを選ぶかは正確さややりやすさ、価格面などを考慮したうえで判断することになります。検査キットのほうが敷居が低いのは事実ですが、遺伝的なリスクありとの結果が出た場合には医療機関に受診する必要も出てきますから検査の段階から医療機関を活用するという選択肢も考えたほうがよいでしょう。

プロペシアの登場以来男性型脱毛症の治療が目覚しい進歩を見せています。だからこそ、自分にふさわしい対策ができる環境を早い段階で確保できるよう日ごろから心がけたいところです。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ