女性の薄い生え際の原因と対策を知っておこう!

分け目を気にする女性

薄い生え際というと、ほとんどの方が男性を思い浮かべるのではないでしょうか。
しかしながら、薄い生え際というのは男性だけではなく、女性にも起こり得るものなのです。
実際に、生え際が薄くなっているということで悩んでいる女性も多くなっています。

ですが、生え際が薄くなったからといってやみくもに恐れる必要はありません。
生え際が薄くなる原因を知り、対策をしていけば、薄くなった生え際も改善していきます。
ここでは、女性における薄い生え際の原因と対策についてお話ししていきたいと思います。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

女性の生え際が薄くなる原因

女性の生え際が薄くなる原因というのは、男性とのそれとは異なります。
女性は男性以上に髪へのこだわりがあるものです。
それが薄い生え際につながっている可能性があります。

ヘアアレンジ

個人差はあるものの、女性というのはやはりヘアアレンジに力を入れるものです。
できることなら毎日違った髪型を楽しみたいと、あれこれ工夫している方も多いでしょう。
しかしながら、そのヘアアレンジの中で髪を強く引っ張っていませんか?

ヘアアレンジのために、髪を強く引っ張っていると頭皮へ負担がかかります。
女性であれば、ポニーテールやおだんご頭にすることも多いでしょうが、こういった髪型というのは常に強く髪を引っ張る状態になります。
髪だけではなく、頭皮にもかなりの負担がかかります。

それに加えて、いつも同じ分け目でヘアスタイリングをしていると、常に同じ方向に髪と頭皮が引っ張られることになります。
これによって、毛根が傷んでしまいます。
毛根が傷めば髪は抜けていきますし、それが生え際の薄毛につながってくるのです。
ちなみに、こういった脱毛症のことを「牽引性脱毛症」と呼びます。

シャンプーをはじめとした髪につけるもの全般

シャンプーやリンス、コンディショナー、トリートメント、スタイリング剤など、女性は特にさまざまなものを髪につけます。
もちろん、髪のためにこういったものを使うわけなのですが、洗い流すべきものはしっかり洗い流さないと頭皮の衛生状態が悪化していきます。
毛穴が塞がれてしまうと、髪の成長を邪魔してしまいます。

しっかり洗い流しているつもりでも、生え際というのは特に残りやすい部分です。
シャンプーはもちろん、リンスやコンディショナー、トリートメント、スタイリング剤などはしっかりと洗い流しておくようにしましょう。
ここは少し神経質になるくらいでもいいでしょう。

女性で生え際が薄くなるのはどんな人?

女性だからといって全身の生え際が薄くなるわけではありません。
やはり、女性でも生え際が薄くなる人とそうでない人がいます。
では、具体的にどんな人が薄い生え際で悩むことになるのでしょうか。

いつも髪を結んでいる人

いつも髪を結んでいる女性というのは、やはり生え際が薄くなりやすいものです。
髪を結んでいると、髪が常に強く引っ張られている状態になります。
髪や頭皮に大きな負担がかかりますし、いつも同じ結び方をしていれば同じところに負担がかかり、その部分だけが薄くなっていきます。

髪を結ぶときにはあまり強く結ばないようにすることが大切です。
もちろん、結び方を変えて、同じところにばかり負担がかからないようにすることも忘れないようにしたいものです。
いつも同じ結び方で強く結んでいる女性は要注意です。

ヘアカラーやパーマを頻繁にしている人

特に、女性はヘアカラーやパーマを頻繁にする方が多い傾向にあります。
実際に、女性のオシャレにとってはヘアカラーもパーマも欠かせないものでしょう。
しかしながら、こういったヘアカラーやパーマも髪や頭皮への大きな負担になります。

若い頃からヘアカラーやパーマを頻繁にしているという女性であれば、その負担が生え際に蓄積している可能性があります。
その結果が生え際の薄毛ということもあるのです。
ヘアカラーやパーマを楽しむのであれば、できるだけ期間をあけて、負担のかからない方法を見つけていきたいものです。

シャンプーを雑にする人

女性の方であれば、「シャンプーを雑にするなんてとんでもない!」という方も多いでしょう。
しかしながら、きちんとしているつもりでも実は雑になっていたというケースも多いのです。
その結果、シャンプーやリンス、コンディショナー、トリートメントなどが生え際に残ったままになっている方も少なくありません。

こういったものが残ったままになると、頭皮の衛生状態というのは悪化する一方です。
毛穴が詰まりますし、フケも出やすくなります。
それが生え際の薄毛につながることも十分にあり得ることなのです。

生え際が薄くなったらどうしたらいいの?

女性で生え際が薄くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。
生え際の薄毛が気になってきたら、生え際の薄毛をそれ以上進行させないための対策を実践していきましょう。
毎日実践することによって、改善していくはずです。

髪や頭皮に負担をかけないヘアアレンジ

女性にとってヘアアレンジそのものを避けるというのは、難しいでしょう。
だからこそ、ヘアアレンジをするのであれば、髪や頭皮に負担をかけないものにしていきましょう。
髪や頭皮を強く引っ張らない、同じ髪型を続けないといったところを意識していきたいものです。

髪を結ぶときには緩く結ぶようにする、分け目を定期的に変えるといったことも効果的です。
思い切って髪を切ってしまうというのもひとつです。
ショートカットであればそもそも結ぶ必要もありませんし、ヘアアレンジも圧倒的に楽です。

ヘアカラーやパーマを控える

もし可能であれば、ヘアカラーやパーマを思い切ってやめてみましょう。
オシャレには欠かすことのできないヘアカラーやパーマですが、髪や頭皮にとっては大きな負担になります。
これをやめることによって、髪や頭皮への負担は大きく軽減されるのです。

もちろん、長年ヘアカラーやパーマを利用し続けてきた方にとってはやめるのは難しいでしょう。
どうしてもやめられないという場合には、その頻度を控えるようにしましょう。
間隔をあけてヘアカラーやパーマをする、同じヘアカラーやパーマでも負担の少ない方法を選ぶといったことを意識していきたいものです。

シャンプーを徹底する

毎日するシャンプーだからこそ、徹底していきましょう。
シャンプーやリンス、コンディショナー、トリートメントが生え際に残らないようにしっかりとすすぐのはもちろん、スタイリング剤を使ったときにはスタイリング剤を綺麗に洗い落としていくようにします。
当たり前のことなのですが、これを当たり前に毎日できるようにしていきたいものです。

今の時代は、女性も男性と同じくらいにバリバリと働いているものです。
忙しい毎日を送っている女性も多いでしょう。
しかしながら、シャンプーだけは雑にならないように気を付けておきたいものです。

男性だけじゃない!女性にも起こり得る生え際の薄毛

生え際の薄毛というと男性のイメージがありますが、男性だけに起こるものではありません。
もともと女性というのは、男性と比べるとヘアアレンジなどを含めて髪や頭皮に負担をかける機会が多いものです。
だからこそ、負担のかかりやすい生え際が薄くなってしまうのです。

基本的には毎日のヘアケアというものを意識すれば、生え際の薄毛というのは改善していくでしょう。
しかしながら、それでも不安な場合には、育毛剤もオススメです。
毎日のヘアケアに育毛剤をプラスすれば、鬼に金棒です。

まとめ

生え際の薄毛というのは、男性だけではなく女性にも起こり得るものです。
特に、女性は男性よりも髪や頭皮に負担をかけやすい傾向にありますので、注意しておきましょう。
薄い生え際の原因を分析し、毎日の対策を怠らないようにしていきたいものです。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ