ミノキシジルにはジェネリック医薬品がない!?

悩む男性

薄毛で悩んでいる方であれば、ミノキシジルについてはご存知かと思います。男性型脱毛症における有効な薬のひとつです。クリニックで処方してもらえるのですが、中にはできるだけ安く入手したいという方も多いのではないでしょうか?

そこで候補に挙がってくるのがジェネリック医薬品です。テレビコマーシャルなどの影響もあって、薬を安くといったときにはジェネリック医薬品が浮かんでくるものです。ただ、すべての薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

そもそもジェネリックって?

まずは、ジェネリック医薬品とは何なのかというところからお話ししていきたいと思います。ジェネリック医薬品というのは、後発医薬品とも呼ばれています。その名前からわかるように、後から出てきた薬ということになります。

ジェネリック医薬品のもとになる薬を先発医薬品と呼ぶのですが、この先発医薬品は特許をとって製造と販売を独占することができます。しかしながら、その特許が切れると他のメーカーが後発医薬品ということでジェネリック医薬品を出すのです。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と成分は同じなのですが、添加物や形状、味などの面では違います。違うというよりは、違いを出せるといっていいでしょう。そのため、中にはまったく同じでないのであれば、効果も違ってくるのではないかという主張をする方もいます。実際に、添加物などの影響も考えられます。

ミノキシジルにジェネリック医薬品はあるの?

男性型脱毛症において発毛効果を発揮してくれるミノキシジルは、まさに救世主のような存在です。ただ、クリニックで処方してもらうとお金がかかってしまうということで、ジェネリック医薬品を探している方も少なくありません。そもそもミノキシジルにジェネリック医薬品はあるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、ミノキシジルにはジェネリック医薬品はありません。ミノキシジルを使っている方は多いものの、ほとんどの方がこのことを知らないのではないでしょうか。仮にクリニックで「ミノキシジルのジェネリック医薬品を・・・」と言っても、そもそもジェネリック医薬品がないのですから処方してもらうことはできません。

なんでミノキシジルにはジェネリック医薬品がないの?

では、なぜミノキシジルにはジェネリック医薬品がないのでしょうか。ミノキシジルに並ぶ男性型脱毛症の治療薬としてプロペシアがありますが、このプロペシアにはジェネリック医薬品があります。だからこそ、余計にミノキシジルにジェネリック医薬品がないことは疑問に感じられます。

そもそもジェネリック医薬品というのは、先発医薬品としての正規品があってこそのものです。実は、ミノキシジルには正規品がありません。だからこそ、ジェネリック医薬品を出そうにも出せないというのが本当のところなのです。

こんなにある!ミノキシジル系の医薬品

ミノキシジルのジェネリック医薬品はないものの、ミノキシジル系の医薬品というのは思っている以上にいろいろあるものです。ジェネリック医薬品に頼らずとも、費用を抑えながら男性型脱毛症の治療をおこなっていくことはできるでしょう。

ミノキシジル系の医薬品には、頭皮に塗布するタイプと服用するタイプのものがあります。塗布するタイプよりも服用するタイプのほうが早くに効果を実感できると言われています。ただ、医薬品である以上は、やはりその副作用のリスクを忘れないようにしておきたいものです。ここでは、具体的にミノキシジル系の医薬品についてご紹介していきたいと思います。

ロゲイン

ミノキシジル系の医薬品の中でも特に有名なのがロゲインです。もともとは高血圧の方の血圧を下げるために開発された血管拡張剤です。アメリカの製薬会社が開発したものになります。

現在、よく知られているリアップの元祖とも言えるものです。ただ、ロゲインは日本では未認可となっています。入手するのであれば、保険適用外でお医者さんに処方してもらうか、個人輸入という形になります。ただ、個人輸入は特にリスクが高いのでオススメできません。

カークランド

カークランドは、先でご紹介したロゲインのジェネリック医薬品になります。「ミノキシジルにはジェネリック医薬品はないって言ったじゃん!」という方もいるでしょう。これはあくまでも海外のジェネリック医薬品なのです。ただ、海外のものであってもジェネリック医薬品ということでかなりお安くなっています。

カークランドはコストコのプライベートブランドになりますので、コストコで購入できるかと思いきや国内のコストコでは取り扱いがありません。購入するのであれば、個人輸入代行店などで購入することになります。一般的な通販サイトでは購入することはできません。

リアップ

リアップは、国内で唯一発毛効果が認められている医薬品になります。ミノキシジル系の医薬品については続けて他にもご紹介していきますが、国で認められているのはこのリアップだけになります。テレビコマーシャルでもよく見聞きしますし、かなり知名度は高いです。

テレビコマーシャルには、水谷豊さんが出演しています。おでこはちょっと後退しているものの、黒々とした綺麗な髪をしている水谷豊さんですので、説得力があります。テレビコマーシャルを見て、ドラッグストアに駆け込んだ方も多いのではないでしょうか。

ポラリス

ポラリスは、発毛に特化した発毛剤になります。名前の通り、アメリカのポラリス社が販売しています。発毛効果をアップさせる技術を採用しており、それがひとつの特徴になっています。

リポスフィアテクノロジーというもので、通常であれば表面でとまってしまう薬効成分を奥深くの細胞層にまで届けることができるそうです。ポラリスも個人輸入代行店などで購入することになります。

ロニテン

これまで紹介してきたのは塗布するタイプのミノキシジル系医薬品でしたが、ロニテンは服用するタイプのミノキシジル系医薬品になります。体内からアプローチするということで、より効果も期待できるですが副作用のリスクも高まります。

副作用のリスクが高まるからこそ、副作用について事前にしっかりと理解しておくことが大切です。ちなみに、このロニテンはアメリカのファイザー社が開発し、製造・販売をおこなっています。国内では未承認の薬です。

ミノキシジルタブレット

ロニテンと同じく服用するタイプのミノキシジル系医薬品に、ミノキシジルタブレットというものがあります。基本的な効果はロニテンと変わりありません。ミノキシジルタブレットに関しては、国内のクリニックでも処方されます。

ミノキシジルタブレットは、「ミノタブ」と呼ばれることが多いです。副作用はあるものの、発毛効果が高いということで利用している方もかなり多い傾向にあります。クリニックでも処方されますが、個人輸入代行店などでも購入することができます。

まとめ

プロペシアと並んで男性型脱毛症における有効な治療薬として知られているのがミノキシジルです。ただ、残念なことにミノキシジルにおけるジェネリック医薬品というのは存在しません。一方で、ミノキシジル系医薬品というのはかなり多いので、そういったものの中から必要に応じて選んでいくようにしましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ