M字ハゲの初期症状とは?原因と改善方法

M字ハゲ

おでこの生え際の両側がだんだんM字型に後退していくハゲ方は、M字ハゲと表現されます。このM字ハゲは毎日自分で鏡を見ていると実感しやすいので気づきやすいのですが、進行も早いのが特徴です。また気づきやすいとは言え、前髪が長いヘアスタイルの人はなかなか気づけないこともあります。

普段からおでこが見えるヘアスタイルならいいですが、隠している場合は意識して見ていないと気づいたときにはかなり進行してしまっていて手遅れということもあります。時々は自分で鏡でチェックする習慣をつけておきたいものです。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

こんな理由が考えられる!?M字ハゲになってしまう原因を知っておこう

一度意識してしまうと気になって仕方ないM字型の後退には下記の3つの要因が考えられます。

  • 男性型脱毛症「AGA」
  • 生活習慣
  • 遺伝

男性型脱毛症「AGA」

まず一つめの要因として考えられるのがAGAという症状です。ここ数年医療機関での薄毛治療もかなり一般的になってきて、CMなどでもこの言葉を聞いたことがあるという人もいるでしょう。AGAとはAndrogenic Alopeciaという言葉の略で男性型脱毛症という意味です。

これはM字型に限ったものでなく、後頭部が薄くなるタイプの薄毛のことも指すのですが、成人男性に見られる脱毛症です。このAGAの大きな要因は男性ホルモンの影響だと考えられていて、男性ホルモンが多く分泌されれば女性でもこの症状が出てしまうことがありますが、一般的には男性の方に多く見られます。

AGAは進行性なので早くケアしなければその分どんどん進行してしまいます。毛が徐々に抜けていくのが大きな症状ですが、実はヘアサイクルのうちの成長期が短くなってしまうことに要因があり、抜けて毛がなくなったように見えても、十分に成長できなかった毛は産毛状態になっています。髪の毛が完全になくなったのではなく、薄毛になるというのがAGAの症状なのです。

生活習慣

深夜残業する男性


次に生活習慣に関してですが、現代人の生活は髪の毛はもちろん体全般の健康にあまりいい影響を与えないようなものに変わりつつあります。たとえば、時間帯が不規則な生活、栄養バランスが偏った食事、睡眠不足、運動不足、眼精疲労、過度の飲酒・喫煙、洗髪習慣・方法などは髪の毛にも大きく影響します。

飲酒や喫煙に関して言えば、昔からそういった習慣を持っている人はいるので、現代の生活習慣のせいとは言えませんが、その他の習慣は大きく変わってきています。24時間なんでも手に入るようになり、仕事も遊びもフルに時間を使えるようになってしまったせいで、体内リズムは変化してきていますし、睡眠不足も引き起こします。

スマホやタブレット、パソコンなどの普及で目を使いすぎて疲れを感じている人もいるでしょう。洗髪習慣に関しては、子供のころから身についているものですが、間違ったシャンプーをしていると髪の毛にも頭皮にも大きなダメージを与えてしまい、その結果、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。

仕事があるから今の生活習慣はなかなか変えられないとか、時間がなくて栄養バランスに気を遣ってまで食事はできないという声もあるでしょうが、できる範囲で構わないので髪にも身体にも優しい生活を心掛けたいものです。

遺伝

そして最後に遺伝が挙げられます。遺伝に関しては、生まれ持ったものですので、自分自身の努力で変えることは難しいです。薄毛や抜け毛が進行してしまうすべての要因が遺伝ではないのですが、薄毛の遺伝子というのはあり、それが影響してしまうことは残念ながらあります。

母方からの遺伝説や父方からの遺伝説がありますが、そうではなく、両親のどちらかの遺伝子に薄毛を進行させるジヒドロテストステロンを作り出す5α-リダクターゼの因子があれば薄毛が遺伝してしまう可能性はとても高くなってしまいます。

この場合、生活習慣を改善しても効果が見られない場合があります。また父親や祖父と似たような後退の仕方をする場合が多いです。

こんな症状が現れたら要注意!初期の症状について知っておこう

父親が薄毛の場合やもともとの毛が細い人は、必要以上に自分も薄毛になってきていないか気にしていることもいるでしょう。では、実際にM字型に後退してしまう場合、どのような初期症状がでるのでしょうか。

初期症状

まずこれはM字に後退していく場合に限ったことではないのですが、髪の毛全体のボリュームが以前より減ったなと実感して来たら、最初の症状です。この状況で気づくことができて対処することができれば、かなり早い段階で対処できますから、その後の後退を予防することができます。

髪の毛のボリュームが感じられなくなったときというのは、なんらかの形で髪の毛に異変が起きています。それは一本一本の髪の毛が薄くなってしまっていることも考えられますし、毛根が弱って髪の毛自体が抜けていることも考えられます。

どちらにしろ、毎日ヘアスタイルをセットしていて、髪の毛にボリュームがでなくなったり、今までは1日キープできていたヘアスタイルがキープできなくなったのであれば、なんらかの対処を考えることが必要です。

おでこのかゆみ

その次に感じる症状としては、おでこのかゆみです。M字で後退する場合、両サイドにかゆみを感じるようになるでしょう。このかゆみは髪の毛一本一本が細くなっていたり、毛根になんらかの変化が起きているとその部分にかゆみを感じてしまうことはあります。

かゆみを感じたら人間は無意識のうちに掻きむしってしまうものですが、そうしてしまうとさらに薄毛を進行させてしまう要因になります。まずかゆみを感じたら鏡でその部分をチェックしてみましょう。もしすでに掻いてしまって炎症になっているのなら、それ以上は掻かないように注意してください。

かゆみの原因は髪の毛や頭皮の変化だけでなく、シャンプーやワックス、ジェルなどがきちんと洗い落とせていないことも考えられます。ゴシゴシと洗うとダメージを与えてしまうのでよくないですが、これを機に正しいシャンプー方法を覚えて、汚れをきちんと落とす習慣を身に着けるようにしましょう。

シャンプーで抜毛が多くなる

また、同時に感じる症状として、シャンプーをしている際に以前より髪の毛が抜けるようになるということも考えられます。私たちの髪の毛は毎日抜け落ちるものなので、数本抜けたからと言って意識する必要はありません。

しかし、明らかに前よりもかなりの量抜けているのであれば、薄毛が進行している可能性がとても高いです。髪を洗っている最中にはいまいちわからなくても、排水溝に溜まった髪の毛の量で、自分の髪の毛がどれだけ抜けているか判断することもできます。

もし気になるようになったのであれば、シャンプーをする前にいったん排水溝をきれいにしておいてから、どれくらいの量が抜けているのか見てみましょう。またシャンプー後のタオルドライ時にタオルについた量で判断している人もいます。

ただ、「もしかしてハゲているかも」という強迫観念はストレスになり、薄毛の要因にもなります。チェックすることは薄毛予防には欠かせませんが、数本抜けたからと言って必要以上に薄毛を気にする必要はありません。あまり過敏にならないようにしましょう。

両サイドの生え際の後退

そして最後に感じる症状が、おでこの両サイドの生え際の後退です。常におでこが見えているようなヘアスタイルの人であれば実感するまでに時間はかからないですが、前髪をおろしているスタイルの人はなかなか気づかないこともあります。

男性は女性と違って日々まじまじと自分を鏡で見る人は少ないでしょうが、定期的にチェックしておくことで薄毛の進行を防ぐことができるでしょう。中にはまったく気付かない間にかなり薄毛が進行してM字に後退してしまっている人もいますが、そうなるともう初期の症状ではなく簡単に対処できない場合が多いです。こうなる前に日ごろから定期的にチェックしておくことはとても大切です。

こんなことをしたら逆効果!M字にハゲるのを防ぎたいなら

もしあなたが自分の髪のボリュームが減っていることを実感したり、自分のおでこを見てM字に後退していることに気付いたとしたら、「ハゲてしまうかも!やばい!」と感じてどうにかしたいと感じるかもしれません。

そこで、ネットで調べて生活習慣が薄毛に大きく影響していることを知れば、まず生活習慣を大幅に改善することを考えつくでしょう。確かに生活習慣を大幅に変えることは髪の毛にとって、とてもいいことです。

しかし、もしその生活習慣を変えることがあなたにとって大きなストレスなら、それは逆に薄毛を進行させてしまう要因になってしまうこともあります。それというのも、薄毛にとってストレスも大きな原因の一つだからです。

先ほどの初期症状の中でも述べましたが、少しの薄毛で「自分はハゲてきている」と強迫観念のように感じてしまうと、それがストレスとなって薄毛を進行してしまうこともあります。また今まで喫煙習慣のあった人が「これは髪の毛によくない」と急に禁煙を始めたとします。

確かにそれ自体は髪の毛にも身体にもとてもいいのですが、タバコを吸えないことをストレスに感じてしまうと、それが理由で薄毛が進行してしまうこともありうるのです。生活習慣を変えることは、それが髪の毛や体にいいとしても、その習慣に慣れてしまっているうちは多かれ少なかれストレスを感じるものです。

対策を行うことは大切ですが、ムリに変えてしまって別のストレスを生まないように気を付けましょう。

今すぐできる!M字ハゲの改善方法が知りたい

生活習慣の改善

運動


M字に後退してしまっているタイプの薄毛の改善方法として、まず取り入れて欲しいのがムリのない範囲での生活習慣の改善です。あれもこれも変えてしまえばそれはストレスになりますから、まずは睡眠時間をきちんと確保する習慣をつけたり、時間が限られているのなら睡眠の質を見直しましょう。

運動不足だなと感じるのであれば一日30分でもいいのでウォーキングをするのもオススメです。汗をかくことはとてもいい効果があります。喫煙習慣や飲酒の習慣がある場合でも、まずは本数を減らす、量や回数を減らすということに挑戦してみましょう。生活習慣を見直せば改善点はたくさん見つかるはずです。

病院で診てみらう

その他にできる改善策としてはAGAについて一度病院で診てもらうことです。病院では医療的な観点から考えられる最善の方法を提案してくれます。恥ずかしがらずにまずお医者さんに症状を見てもらえば進行を食い止められるかもしれません。

AGAはまだ歴史の浅い分野なので、病院選びはとても大切です。ネットで検索すれば病院ごとの口コミを見ることもできますから、適当に選ぶのではなく、評判のいいところを選ぶようにすれば失敗は少ないでしょう。通い始めてあまり効果を感じられないなら、セカンドオピニオンを求めることも大切です。

市販の育毛剤

また、市販の育毛剤も効果がある場合があります。市販の育毛剤はお医者さんで処方されるものより効果が低いこともありますが、その分副作用もないので安心して使用することができます。同時にシャンプーなども育毛対策、薄毛対策を考えられたものに変えてみるのもいいでしょう。

シャンプーの仕方も今までごしごしと力任せに洗ってしまっていたのであれば、頭皮にダメージの少ない洗髪方法に変えるなどの工夫が必要です。専用ブラシがついたシャンプーもありますが、育毛ブラシは頭皮にダメージを与えず、それでいて汚れをしっかりと落とし、血行を促進する効果があるのでお勧めです。

それから、ネットで検索すれば意外に多く見つけることができるのが育毛用や薄毛対策用のサプリメントです。日ごろの食事で十分な栄養を摂ることができていないなと感じるのであれば、サプリメントで栄養補給することも大切です。

早め早めの対策が薄毛防止には効果的!

まずは自分の髪の毛の状態を日ごろから知っておき、初期の段階で気づけるかどうかがM字型にハゲてしまうのを防止する最初の一歩です。またもしなんらかの症状に気づいたのであれば、できる限り早い段階で対処方法を試してみましょう。ただ、自分のストレスにならない範囲で行うこともとても大切です。適切な対処法を見つけるためにまず病院を受診してから、自分に合った改善策から始めてみるといいかもしれません。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ