新たな育毛成分、リデンシルとは?

フィナステリドミノキシジルなど育毛に役立つ有効成分が注目を集めていますが、新たな成分として話題になっているのがリデンシルです。男性だけでなく女性の間でも薄毛の悩みが増えているといわれるなか、この新しい成分がどのような効果を発揮するのか、具体的にどれだけ薄毛の予防・改善に役立つのか、その内容やメカニズムに対して期待が集まっています。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

リデンシルとはどんな成分?

この成分はスイスの「induchem」という会社が開発しました。化粧品を開発しているメーカーなのですが、研究の成果によってこれまでにない発毛効果をもたらす成分の開発に成功したのです。

この成分の大きな特徴は複数の成分を組み合わせてることで作られた複合成分である点です。化粧品ではさまざまな複合成分が使用されていますが、育毛剤ではあまり多くは見られないのでこれも注目するべき部分でしょう。

組み合わされているのはセイヨウアカマツ球果エキス、茶葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛です。こうした新成分はどうしても効果・安全性に関する不安が付きまとうものですが、すでに2014年にドイツのハンブルクで開催された世界最大規模の化粧品原料展示会「インコスメティックス」において銀賞を獲得するなどその内容にも高い評価を得ています。ちなみにかつて「ミノキシジルをはるかに上回る育毛成分」としてキャピキシルという成分が注目を集めましたが、この成分は「インコスメティックス」では銅賞どまりでした。この点からも銀賞を獲得したことがどれだけ価値のあることかが窺えるでしょう。

リデンシルは育毛にどれだけ役立つのか?

ではいろいろな原材料を組み合わせて作られたこの複合成分がどのような効果をもたらすのか?ポイントは一つの効果だけでなく複数の効果が期待できる点です。まず第一に毛母細胞を増やす働きがある点。

毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで毛髪が作られることは広く知られています。この細胞の働きを活性化させる成分を配合した育毛剤・育毛シャンプーも少なくありません。このリデンシルにはさまざまな細胞の元になる幹細胞に働きかけることで毛母細胞を増やす効果があるのです。

毛根の毛包には「バルジ領域」という幹細胞が存在する部分があります。その部分に働きかけることで幹細胞が活性化され、毛母細胞がたくさん作られ、ヘアサイクルがどんどん活性化していくわけです。これは加齢の影響で髪の毛が薄くなったり、コシやハリが低下するケースでも非常に役立つでしょう。

2つ目は繊維芽細胞の働きを活性化させる効果。この細胞は美容の分野で広く知られており、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった肌の健康と若々しさを保つ成分を作り出す役割を担っています。この繊維芽細胞を活性化させることで頭皮の状態を改善し、健康な毛髪が作られる土台作りができるのです。頭皮に潤いがあり、血行がよい状態だと発毛・育毛に必要な酸素と栄養もしっかり行き渡り、ヘアサイクルを正常に保つとともに太くのコシのある毛髪が作られます。もう少し具体的に見るとリデンシルによって頭皮の繊維芽細胞が活性化されると細胞外マトリックスという部分が充実し、毛髪が成長しやすい環境が整っていきます。

頭皮の乾燥やかゆみに悩まされている方、最近頭皮が硬くなってきたと悩んでいる方にとって重要な効果といえるでしょう。

もうひとつは同じく頭皮環境とかかわる部分ですが、抗炎症作用を備えているので頭皮の炎症を防ぐことができます。頭皮に炎症ができてしまうと当然発毛のメカニズムにも影響を受けます。ニキビや湿疹を抱えている方はもちろん、かゆみや肌荒れを起こしている方も炎症が原因で発毛が阻害されてしまっている可能性が高いのです。先ほど挙げた繊維芽細胞の活性化による頭皮環境の改善と併せてこの抗炎症効果が発揮されることで相乗効果で毛髪が作られやすい環境へと導くわけです。しかも抗炎症効果と併せて老化を防ぐ抗酸化作用も持ち合わせているので頭皮の老化対策にも役立ちます。

これだけ見ても日ごろ育毛剤・育毛シャンプーで一生懸命ケアしている目的のほとんどをカバーしていることがわかります。さまざまな原因の薄毛に対してアプローチし、効果的にケアしていける魅力的な育毛成分といえるでしょう。

なお、優れた育毛成分にはどうしても副作用のリスクが伴います。たとえばAGAの治療薬として知られているフィナステリドでは性欲減退の副作用が知られていますし、ミノキシジルは血行を促す優れた効果の影響で動悸や狭心症といった副作用のリスクが報告されています。それに対してリデンシルは植物由来のエキスをおもな原材料としていることもあって副作用のリスクは今のところ報告されておらず、非常に安全性の高い成分と評価されています。

リデンシルが配合されたREDANのメリット

そんな注目の育毛成分を配合している育毛剤として注目されているのがREDANです。最新の成分を毎日の育毛ケアに活用していくことで手軽に薄毛の悩みにアプローチすることができるのが魅力です。

特徴はなんといってもリデンシルが配合されている点ですが、この成分のメリットを引き出し、相乗効果をもたらすため他の成分も併せて配合している点も魅力です。代表的な成分ではまずセンブリエキス。血行を促す働きがあるため、酸素と栄養を毛根にしっかり届けられる環境へと導く効果が期待できます。しかも老化を防ぐ抗酸化作用、毛母細胞の増殖にも効果が期待できます。

それから明日葉の葉と茎のエキス。頭皮の保湿効果に優れており、乾燥やかゆみ、炎症の予防・改善に役立ちます。スキンケア製品にも広く使用されているように肌に優しく安全に使用できる点も魅力です。

ほかには男性ホルモンの分泌を抑制する作用を備えたオウゴン根エキスが配合されている点も見逃せないでしょう。

これらの配合成分を見るとリデンシルが持っている毛母細胞の増殖、繊維芽細胞の活性化、抗炎症効果の3点をサポートしつつさらに育毛剤としての効果を高める内容を備えていることが窺えます。性別・年齢を問わず使える点も魅力になるでしょう。

REDANの使い方

このREDANは普通の育毛剤ですし、リデンシルには副作用のリスクも少ないので使い方もそれほど神経質に考える必要はなく、日常の育毛対策の中でごく自然に使っていくことができます。基本的には1日2回、朝と夜の2回使用していきます。10回ほどプッシュして手に取った分を頭皮をマッサージしながらうまくなじませていきましょう。この点は他の育毛剤と基本的に同じで、あまり頭皮を強く刺激しないよう注意しながらやさしくマッサージし、適度な刺激を与えながらなじませていくようにしましょう。

育毛剤はどうしても効果を早く実感したいと焦ってしまうものですが、最低でも3ヵ月は継続して使用し、焦らずにじっくりと効果を見極めていくことが大事です。

最新の育毛成分として注目したい

こうしてみてもこの成分はこれまで育毛剤に使用されてきた有効成分のよいところを凝縮させたような特徴を備えているといえます。「この成分では頭皮の保湿を」「この成分は毛母細胞の活性化を」などいろいろと考えながら製品を選んでいた方にとっては非常に魅力的な選択肢となるのは間違いないでしょう。まだ配合されている育毛剤の数が限られていますが、今後注目を集めていくことで配合される製品の数も増えていくことでしょう。ネット上では口コミ評価も増えてきたので気になる方はその辺もチェックしながら自分の薄毛の悩みにどれだけ役立つのか、確認してみるとよいかもしれません。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ