生え際の後退に悩む10代向け!若ハゲの原因と対策方法まとめ

昼食を食べる高校生

薄毛の前兆が現れだすのは早くて30歳前後と言われており、そこから明らかに薄毛とわかるようになるまでは5年から10年がかかるといわれています。しかし、中には10代であっても薄毛に悩まされている人もいます。

若い世代で薄毛になる人の場合は頭頂部からの進行より、M字型の方が多い傾向にあります。若いうちから薄毛になってしまうのはコンプレックスにもなるので、気になっている人は早めの対策で進行を食い止めましょう。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

中学生でも可能性あり!?若年性M字型の薄毛の特徴と原因とは?

全体の数としては多くありませんが、早い人は中学生や高校生から悩まされてしまうという若年性のM字型の薄毛には、どういった特徴があるのでしょうか。

基本的には年齢を重ねてからのM字型の薄毛と変わらない症状になります。おでこの両サイドの切れ込みがどんどん深くなり、おでこ全体を見ると髪の毛がM型になって見えるのが症状の特徴です。若いうちに薄毛になってしまった場合も男性型脱毛症、いわゆるAGAで男性ホルモンが原因として考えられている症状です。

ただ、問題となる特徴として、AGAと診断されてしまったとしても、成人している人が処方されるプロペシアミノキシジルと言った育毛専用の医薬品を処方してもらうことができません。これらの薬は高い効果が期待できますが、代わりに副作用も引き起こしてしまうリスクがあります。

そのため、まだ体の出来上がっていない未成年には処方されないのが原則です。

男性ホルモン

年齢に関わらず、M字型の薄毛になってしまう原因は一つにくくることはできません。大きく関係してくるのは男性ホルモンです。男性ホルモンの一つであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンという物質に変化し、この物質が抜け毛を誘発します。

これがAGAと呼ばれる脱毛症の仕組みですが、テストステロンと5αリダクターゼのくっつきやすさや、どれだけ5αリダクターゼが活発に活動するかは遺伝によるところが大きいとされています。ただ、遺伝だけが若いうちからのM字型の薄毛を進行させてしまう原因ではありません。

遺伝で薄毛になりやすいかどうかはある程度決まっていますが、その遺伝子を持っているからと言って、その人たちが全員若いうちから薄毛になってしまうわけではないのです。

不規則な生活

その他に原因として考えられている事はいくつかあります。まず一つが不規則な生活です。だんだんと大人になりつつある高校生や大学生になると、夜更かしは当たり前のようになってくるでしょう。特に大学生なんかは毎晩のバイトや飲み会で朝帰りが当たり前という人もいるのではないでしょうか?

また遅い時間までゲームをしたり、スマホを使っていたりすれば、家にいてもなかなか寝付けないという人もいるでしょう。それが、翌日休みならまだいいのですが、次の日も当たり前に学校があれば寝不足が続いて慢性化してしまいます。身体と同じで髪の毛も寝ている間に成長します。

特に成長ホルモンが多く分泌される午後10時から午前2時の4時間は、髪の毛に栄養を届け、その後に毛母細胞を分裂させて髪の毛を成長させるための時間でもありますから、とても大切なのです。若いうちは「寝なくても大丈夫」とムリをしがちですが、薄毛になりたくないのならしっかりと睡眠をとることはとても大切です。

VDT症候群

それから、今やもう若い世代なら持っていることが当たり前のスマホも実はM字型の薄毛の原因となることが最近わかってきました。これはVDT症候群と呼ばれ出している症状で、なんらかのモニターを長時間見ることで目や乾燥を感じるのが主な症状です。

また付随して肩こりや首のこりも症状に挙げられ、そこから腰痛を併発したり、コリがひどすぎて倦怠感や気持ち悪さを感じるのも症状だといわれています。時間が空いたらスマホをチェックしたり、寝る直前までスマホを見るのが習慣になっている人はかなり多いのではないでしょうか。

明るいところで見るのもそうですが、暗いところでスマホを見るのは目にはかなりの負担です。10年前にはスマホやタブレットと言ったものはなかったのですから、比較すると今はかなり急激な勢いで画面を見ている時間が増えていることになります。

画面を見ることにより目が疲れや乾燥を感じると、目の周りの筋肉の動きは鈍くなり血行が悪くなります。おでこ周辺というのは目からかなり近い位置にありますから、おでこ付近の血行にも影響が出て、その結果M字型に薄毛に影響を与えてしまうこともあります。

特におでこは毛細血管の数も少なく細いので、ちょっとした影響が大きなダメージとなってしまうこともあるのです。また、目の疲れに付随して起こる肩こりや首のコリは、体と頭をつなぐ大切な部分の血流を停滞させてしまいます。

その結果、頭皮の血行も悪くなり、代謝が落ちるので髪の毛が成長しにくい頭皮環境になりますし、髪の毛を成長させるのに必要な栄養素もきちんと届かなくなります。スマホは今やなくてはならないものになりつつありますが、画面を見る時間を減らすなどの工夫はしたいものです。

その他にも過度のストレス、食生活の乱れ、喫煙、激しい飲酒習慣も原因としては考えられますが、ほとんどの場合、どれか一つが原因なのではなく、さまざまな要因が複雑に絡み合って薄毛に影響を与えています。

どんな人が10代のうちからM字型の薄毛になりやすいの?

ダメ学生A君の一日

たとえば大学生で一人暮らしをしているA君がいます。A君は自炊が苦手なので食事はいつもファーストフードかコンビニのお弁当で済ませることが多く、学校が終わればバイトに行っています。家とバイト先が近所なので、バイトが終わればそのまま飲みに出かけることも多く、寝不足のまま学校に行く日々が続いています。

バイトがなければゲームが趣味で気づいたら朝になっていることもしばしばです。喫煙者で一日1箱以上はタバコを吸う習慣があり、友達と飲むときはタバコの量も倍以上に増えます。

AGAは遺伝が影響している部分があるので一概には言えませんが、たとえばA君のような生活をしていて、強い薄毛の遺伝子を持っているとしたら彼は若いうちからM字型の薄毛に悩まされる可能性は高くなります。

ただたとえば大学生なら、こんな生活をしている人も少なくはないでしょう。もしあなたがこんな生活を送っているうえに、親族に薄毛の人が多いのであれば、未成年のうちから薄毛に悩まされる可能性は大いにあるのです。

中学生でも高校生でもハゲ

中学生であっても高校生であっても薄毛に悩まされている人はいます。たとえば受験勉強に必死でなかなか自分の時間が取れず、睡眠も不十分だという人も薄毛になる可能性が高まります。

難関高校や難関大学を目指していることが、自分の希望なのであればまだストレスは少ないかもしれませんが、親や周りからのプレッシャーを一心に浴びていればストレス過多になってしまいます。逆に勉強でのプレッシャーは感じていなくても、部活動で感じている人は同様のことが考えられます。

また好きなように過ごしてストレスを感じていないとしても、食生活が乱れ、夜更かしが続き、スマホやタブレットを常に見て、良くない習慣ばかり積み重ねていれば、それも薄毛の原因になります。

思春期を迎えた男の子はガチムチ♂になる

マッチョ

それに加えて、思春期を迎える中学生ごろから身体は大人に近づき始め、男性ホルモンが多く分泌されるようになり、身体は大きく変化していきます。思春期男子特有の体臭がする時期というのがありますが、実はこれは男性ホルモンの分泌が影響しています。

男性ホルモンは皮脂腺を刺激し、皮脂を誘発する働きをするので、そのせいで特有の臭いがすることがあるのです。そして、この皮脂は頭皮にも大きく影響します。どれくらいの男性ホルモンが分泌され、結果としてどれだけの皮脂が過剰に分泌されるかは個人差があります。

この皮脂が過剰に分泌されすぎた結果、頭皮環境が悪くなった場合、それが薄毛に影響することも十分考えられるのです。

若年性のM字型の薄毛にはどんな対策がいいの?注意するポイントは?

基本的には年齢に関係なく、M字型の薄毛に対しては原因へのアプローチが大切になります。たとえば今生活習慣がめちゃくちゃだなと自分で感じるのであれば、できるところからでいいですから改善を図りましょう。特に食習慣はダイレクトに髪の毛や頭皮環境に影響を及ぼしやすいです。

食べたものが私たちの身体を作りますから、今までの添加物たっぷりなコンビニ弁当や脂っこいジャンクフードを少し変えるだけでも、改善がみられる可能性はとても高いでしょう。あれもこれもいきなり変えることは不可能ですから、できるところから少しずつ変えていきましょう。

育毛シャンプーや育毛剤

今皮脂の過剰な分泌が気になっていたり、すでに薄毛の兆候を感じているのであれば育毛シャンプーや育毛剤を使ってみるのもいいでしょう。育毛シャンプーや育毛剤は育毛成分となる栄養素も入っていますし、余分な皮脂を洗い落とす洗浄力もあります。

ただ、皮脂の洗い流しすぎは頭皮の乾燥の原因となり、これも薄毛の原因となる場合がありますから、育毛シャンプーを使用してフケが出てくるようなら、低刺激のアミノ酸系や無添加のシャンプーを使いましょう。フケが多い場合は乾燥している証拠です。

ゴシゴシと力を入れて指を立てて髪の毛を洗うのではなく、まずは手の平でシャンプーを泡立ててから、頭皮を指の腹でマッサージするようにシャンプーをする癖も早いうちからつけておきたいですね。間違ったシャンプーは薄毛の原因の一つとされています。

また育毛剤と一口に言っても血行を促すもの、ホルモンの分泌を抑えるもの、皮脂を抑えるものなど商品によって違いがあります。自分にはどんなものが必要なのか考えてから使用するようにしてください。薄毛対策のサプリもありますが、年齢制限があるものもあります。

大学生くらいになれば問題なく服用できるものがほとんどですが、それ以下の場合はきちんと用法を確認するようにしましょう。

AGA専門クリニック

AGA専門のクリニックに受診するのももちろんいいのですが、未成年のうちだと処方できない薄毛対策の医薬品もあります。それを理解したうえでの受診であれば、適切な意見を聞くことができます。自分に合った対策法を考えるのにはとても有効ですから、すでに兆候を感じていたり、額の切り込みが深くなっているように感じて不安なのであれば、一度病院に行くといいかもしれません。

M字型の薄毛は進行がとても速いのも特徴です。早めに対処しておくことが薄毛を回避する一番の方法になります。

原因は一つではない!生え際が気になりだしたら早めに対処を

M字型に髪の毛が後退していく原因は一つではなく、色々な要因が絡みあった結果です。また、まったく同じように生活している人が2人いたとしても、遺伝によって違いが生まれます。ただ一つだけ言えるのは、前兆を感じたらできるだけ早く薄毛対策を始めるべきだということです。初期段階で対処できれば、それだけ早く薄毛の進行をストップさせることができるのです。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ