育毛サプリと育毛剤の違いって何?

悩む男性

育毛はサプリメントやシャンプー、スプレーなどによって可能です。サプリメントは栄養補助食品ですので即効性は期待できませんが、クリニックに行くほどではないという状態のときに手軽に始められるというメリットがあります。

天然由来成分を使ったものが多いため、副作用も少ない点もメリットでしょう。育毛剤と呼ばれるものには、医薬品と医薬部外品があります。5アルファ・リダクターゼという抜け毛を促進する物質の作用を阻害することを目的として、頭皮環境を整える効果があります。

2つを併用することで効果も高まります。普段の生活にも気を使いましょう。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

育毛サプリメントのメリットとデメリット

メリット

育毛サプリメントは、育毛を目的としたサプリメントで、髪の毛を育てて太く力強いものにするための成分が配合されています。日常生活のなかで不足しがちな栄養素を補うのがサプリの位置づけで、栄養補助食品と呼ばれています。

医薬品ではないため、即効性はありませんが、ビタミンやミネラル、AGAの改善に効果のあるノコギリヤシ、髪の毛を育てる女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンなどが配合されています。サプリを服用するメリットは、安全性が高いという点が挙げられます。

AGA治療薬は化学的に製造された製品であるため、副作用のリスクがありますが、サプリメントは基本的に天然由来の成分から作られるので、副作用が出にくいというメリットがあります。手軽に取り組めるという点もメリットでしょう。

髪の毛が薄くなってきたとは思っても、なかなかAGAクリニックには行けません。実際にAGA治療薬に頼らなくても薄毛は改善することが多いです。まずはシャンプーを替えてみたり、髪の毛に良い成分が含まれる食材を摂り入れたりといった工夫から始める人が大半でしょう。

サプリメントは栄養補助食品ですので、薬局やドラッグストア、通信販売などで安く購入できます。服用するだけですので、育毛への第一歩として適切です。サプリを選ぼうとすると、自然に栄養に関する知識も蓄えられますので、その点でも利用価値はあると考えていいでしょう。

デメリット

ただし、あくまで栄養補助食品であるため、みるみるうちに髪の毛が生えてくるというものではありません。効果が実感できるまでには時間がかかるという点はデメリットでしょう。即効性に欠けるので、早くなんとかしたいという人には向きません。

また、サプリメントは意外に高額になることもあります。同じ出費ならAGAクリニックに行くほうが良いということもあります。

育毛剤のメリットとデメリット

メリット

育毛剤といっても、医薬品もあれば医薬部外品もあります。なかでも医薬品は効果が確実で、育毛を考える人にとっては強い味方になってくれます。育毛を目的とした医薬品には、男性の薄毛の大きな原因である5アルファ・リダクターゼを抑制する効果があります。

薄毛やハゲの原因は、テスロステロンが5アルファ・リダクターゼという酵素を頭皮の細胞が結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が作られることが大半です。DHTは毛母細胞に作用して、髪の毛を薄くし、また生えにくくします。

このDHTの抑制のために開発された製品は数多く販売されていますので、確実な効果を実感したい人にはオススメの方法です。また、ほとんどの製品は、頭皮の血行促進に良い成分が含まれています。薄毛の要因として、血行不良があります。

髪の毛はタンパク質やアミノ酸など多くの栄養素から形成されますが、これは血管を通って頭皮の細胞に届けられるので、血行不良になると頭皮の細胞にまで充分に栄養が行き渡りません。頭皮環境を整えるには、医薬品は効果が高いでしょう。

デメリット

デメリットとしては、それほどの即効性はないということです。AGA治療の専門クリニックで処方される治療薬では、かなり早い段階で効果が実感できるものもありますが、通常の育毛剤では最低でも3ヶ月の継続が必要です。また、個人差が大きいというのもデメリットでしょう。

インターネットでは「これは効かなかった」「とても効いた」という意見が同じ製品に対してクチコミ情報として寄せられるものです。同じ製品でも効果は人によってさまざまです。自分に向いた製品に出会うまでに時間がかかるケースもあります。時間もコストです。同じコストをかけるなら、クリニックのほうが早いことも充分に考えられます。

育毛剤はどういう目的で使うものか

育毛剤は、主に育毛や発毛を目的とした医薬品などの薬剤ですので、使う目的は抜けて薄くなってしまった髪の毛の再生です。数多くの種類がありますが、髪の毛を生やすという点では同じです。

ただ、それぞれに効果の違いがあり、どのような目的で使うのかを重視して製品を選んでいくことが必要になります。まず、男性ホルモンによる脱毛を抑える効果のあるタイプがあります。AGAと呼ばれる男性型の抜け毛は、男性ホルモンの5アルファ・リダクターゼが主原因であることが分かっています。

この酵素が髪の毛の抜けやすい頭皮環境を作っています。プロペシアと呼ばれる成分は、この改善に適しています。また、頭皮の血行を改善して保湿や抗炎症の抑制を目的とした製品もあります。AGAというほどではないレベルの抜け毛や薄毛に効果があります。

頭皮環境を改善して髪の毛を成長しやすい状態にするものです。ミノキシジルという成分が含まれるものは、およそこれが目的と言っていいでしょう。リアップやロゲインなど有名な医薬品があり、もっともメジャーなタイプの製品です。

ブブカ、ナノインパクトなどの医薬部外品もこうした効果を狙ったものです。また、毛母細胞や毛乳頭細胞などの髪の毛を生み出す細胞そのものに働きかけるタイプの製品もあります。

多くは医薬部外品ですが、技術的には高いものが多く、髪の毛が細くなってしまった人や、髪の毛が元々細い人などに効果を発揮します。

M-1ミストやポリピュアEXなどの医薬部外品が、こうした細胞の活性化を目的とした製品です。このようなシャンプーやスプレーを使用しても、生活習慣が乱れていると目立った効果をあげられないことが多くあります。

髪の毛を生やすためには、日常の習慣からまず見直しましょう。育毛が目的の製品を使うときには、生活のなかで育毛していくことを併せて考える必要があります。

育毛サプリは何の目的で摂取するのか

サプリメントは手軽に育毛を始められるという大きなメリットがあります。クリニックに行くほどでもないとか、まずは自分でできることから始めたいという人にはサプリメントは向いているでしょう。ただし、サプリメントは日常生活で不足しやすい栄養素を補うことが目的で、「薬」ではありません。

AGAの症状が進行している場合には、専門クリニックを受診して処方箋で投薬治療をしましょう。サプリメントは医薬品などとは違い、育毛に好ましい成分を含む食品です。脱毛症の主原因であるジヒドロテストステロンを抑制する効果のある成分がノコギリヤシです。

天然ハーブのひとつで、前立腺肥大にも効果があります。5アルファ・リダクターゼの阻害作用なども実験で確認されています。市販されている育毛目的のサプリメントには、おおよそ使用されていると言っていいでしょう。

化学的に合成した物質ではなく天然由来の成分ですので、副作用が少ないというメリットがあります。亜鉛もサプリメントには多く使われています。髪の毛を生成する成分のひとつがケラチンです。亜鉛にはタンパク質をケラチンとして再構成するという働きがあるため、不足すると薄毛を招きます。

食物繊維と結合しやすいため、結合すると食物繊維と一緒に体外へ排出されてしまいます。そのため、サプリメントの多くはミネラルを配合して体内吸収しやすくしています。ミネラルは亜鉛を吸収しやすくするだけでなく、体内に栄養素を取り込む作用があり、ホルモン分泌の調整をする物質です。

生命の維持に欠かせないもので、不足すると身体のさまざまな部分に悪影響が生じます。そのうちのひとつとして抜け毛や脱毛があるので、多くのサプリメントで配合されている成分です。ただ、食事からの摂取もしているので、サプリメントを摂りすぎると逆に身体に害が及びますので、容量を守って服用しましょう。

抜け毛や薄毛は早期に改善しよう

抜け毛や薄毛は、病気と同じで早期に発見して早期に改善することが重要です。最近髪の毛が薄くなってきたとか、朝起きたら枕に多くの抜け毛がついていたなどは、薄毛が始まったサインです。薄毛は対策しないと徐々に進行します。

早い段階であればクリニックのお世話にならずに改善可能です。サプリメントや医薬部外品などを使っていきましょう。薄毛は遺伝とも言われていますが、そうであっても髪の毛を維持する生活習慣を身につけることで、充分に薄毛の進行を遅らせることができます。

たとえば食習慣に気を使うだけでも効果があります。髪の毛はタンパク質でできているので、良質なタンパク質を摂って、ビタミンやミネラルなどを食事に取り入れると効果があります。

ビタミン類で髪の毛に良いのは、ニンニクやマグロに含まれるビタミンB6、アセロラや柑橘類に含まれるビタミンC、鶏レバーに多く含まれるビタミンAなどがあります。ミネラルは牡蠣やレバーから亜鉛が摂取できますし、鉄分やアサリなどの貝類に多く、またマンガンは生姜やシソから摂り入れることができます。

薄毛の予防に効果があるのは充分な睡眠です。人間は睡眠中に成長ホルモンが分泌されて髪の毛も育っていきます。質の良い睡眠を充分に取りましょう。また、シャンプーも育毛に良い製品を選びましょう。

アミノ酸系の洗浄成分は皮脂を取りすぎることなく、柔らかい頭皮を作るのに役立ちますし、弱酸性は優しく頭皮を守ります。シリコンシャンプーは頭皮を過剰に覆ってしまう傾向があるので、育毛に良いスプレーなどの浸透を妨げる可能性があります。

できればノンシリコンのものを選びましょう。ストレスも薄毛の原因となります。適度に趣味に時間を使ったり、音楽を聴いたりして上手にストレスを解消していきましょう。

育毛剤と育毛サプリを併用すると良い?

ブブカやチャップアップ、リアップなどの育毛に良い医薬品・医薬部外品と、育毛を目的としたサプリメントは併用することで効果を高めます。製品によっては2種類をセットにして販売しているものもあります。シャンプーやスプレーは外側から頭皮環境を育てていきます。

サプリメントはそれらとは違い、内側から髪の毛を育てていきます。両面から育毛成分を補給することは、育毛の効果を高めます。皮膚から吸収される効果と、体内から影響を及ぼす効果は混じってしまうリスクは非常に少ないため、併用によるデメリットはほとんどありません。

スプレーや塗り薬は、頭皮の環境を改善することが大きな目的です。髪の毛が生えやすい環境にしておいて、サプリメントで髪の毛の成分となる物質を届けることは相乗効果をもたらすと考えて良いでしょう。男性脱毛症であるAGAの治療でも、両者の併用が役立つとされています。

育毛・発毛に効果のある成分としてフィナステリドとミノキシジルなどが有名ですが、これは頭皮につけるほうが効果的な物質と体内から発毛を促す物質に分かれます。フィナステリドは抜け毛の要因となるジヒドロテストステロンの発生を抑制し、ミノキシジルは血行を促進させます。

シャンプーやスプレーで直接頭皮に働きかけるとともに、体内から栄養素を補ってあげることで育毛は効率良く行われます。医薬品などは、医師の診断の元で副作用に注意しながら使っていく必要があるものもあります。

また、普段の生活から髪の毛に良い食材を摂り入れたり、運動をして血行を良くしたりといった地道な努力も必要です。併用で気をつけたいのは、効き目が出始める直前は、ほぼ必ず抜け毛が多くなるという点です。

それに驚いて、せっかく効き始めたのに、両方とも止めてしまっては以後の増毛が期待できません。

時間がかかることも理解しよう

育毛に関する製品は数多く存在します。実際には専門クリニックで処方薬をもらったほうが早いですが、クリニックに行くのは大変ですし、精神的にもプレッシャーがあります。クリニックに行くほどでもないというときや、まだ進行していない状態では、市販の製品を試すことから始めても良いでしょう。

生活面の改善も必要です。育毛に役立つ製品には、個人の向き不向きがはっきりしています。また、効果が実感できるまでに3ヶ月以上かかることが多いため、時間的なロスがあることも覚えておきましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ