若ハゲの進行を防止せよ!原因と対策を徹底解説

ヘアスタイルを整える男性

最近髪の毛が薄くなってきた、どうも髪型が決まらないといったことが増えてきていませんか?それは髪の毛の量が少なくなっていたり、ハリやコシが失われてしまっているからです。

若ハゲとか薄毛というと、どうしても男性のイメージが強いですが、実は女性にも起こりうる症状であることをご存知でしょうか。

もちろん男性と同じように頭頂部や前頭部の一部分がすべて抜け落ちてしまうということはないものの、全体的に薄くなったりします。

髪の毛があっても薄くハリやコシがないと老けて見えてしまい、自身のモチベーションも下がってしまうものです。

女性でも起こりうるかもしれない若ハゲ、男性ばかりではなく女性も知っておいて損をすることはありません。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

若ハゲとは?

女性でも若ハゲになることあるの?と思われている方も多いのではないでしょうか。ハゲというとイメージ的には男性を思い浮かべるものですが、女性でも起こらないと断言することはできません。

ただ、若ハゲというとどうしてもM字ハゲなどを思い浮かべてしまいますが、女性の場合は男性のハゲ方は起こりません。髪の毛全体が薄くなるといったほうが正解です。

日本においては300万人以上が薄毛で悩んでいるともいわれているくらい、とても身近な問題となっています。女性に向かってハゲだの薄いだのと直球で言う人はあまり多くはありませんし、頭頂部などになると毎日鏡を見てチェックしていたとしてもなかなか気づきにくい部分でもあります。はっと気づいたら薄くなっていた、分け目がくっきりはっきり見えてしまっていたなんてことも多いのです。

若ハゲになってしまう原因は人それぞれでも、やはり見た目的な部分でいくとあまりいいものではないのは事実です。ただ、女性の薄毛や抜け毛、分け目がくっきりしてしまうといった症状は、男性に比べると改善しやすいということを知っていますか?男性のように完全に髪の毛がなくなってしまう、産毛のような細い髪の毛しか生えてこないという状況が女性にはあまりないからです。ただ、いずれにしても女性でもハゲとまではいかなくても、薄毛になったり抜け毛が増えるということは決して珍しいことではありませんので、自分には起こることはないだろうと高をくくっていると痛い目にあうかもしれません。

もちろん男性の場合、若いうちからハゲてしまうことがあるのは言うまでもありません。男性の場合、生活習慣なども影響を与える部分は当然ありますが、どちらかといえば遺伝的な要因が大きいと言えます。ちなみに若ハゲというのは何歳くらいのことを言うのかというと、20代後半から40代後半くらいまでを指しているようです。最近は高校生や大学生など、学生のうちから若ハゲに悩まされてしまう男性もいます。若ハゲは一般的に進行していってしまうものなので、若いうちに発症してしまうとそれはとても悲観的な気持ちになってしまうのも事実です。一日のうちに一気に抜けてしまえば自分でもすぐに気づくことができますが、若ハゲも少しずつ進行していくので自分で気づいた時には結構進行してしまっていることも少なくありません。

年齢を重ねたことでハゲてしまう分には「年だから」で許されるところもあります。場合によってはそれが味になることだってあります。しかしながら、30代や40代、50代のはじめに薄くなってしまったりハゲてしまうと自身もそうですが、周りも気をつかうようになります。そういった意味も含め、やはり髪の毛が薄くなる、なくなるというのは本人にも周りにもデリケートな問題なのです。特に男性は女性に比べて、薄毛にとどまらず髪の毛がすべて抜け落ちてしまうハゲ方が多い傾向にあります。治るまでに時間がかかることもあり、もちろん個人差がありますので一概には言えませんが、早めに対処していく、なってからよりもなる前から対策を講じていくということが必要なのではないでしょうか。

若ハゲになりやすい人の特徴は?

若ハゲになりやすい人の特徴として次があげられます。

  • 血縁関係にハゲている人が多い
  • 食事のバランスが乱れている
  • 睡眠不足になりがち
  • ストレスが溜まっている
  • シャンプーやコンディショナーの洗い残しがある

血縁関係にハゲている人が多い

中でも血縁関係にハゲている人がいる場合、高い確率でハゲてしまうことがあります。もちろんすべての方が対象となるわけではないものの、残念ながら遺伝の影響は強くあるのが事実です。父親をはじめ父親の兄弟、いとこなどでもハゲている、薄毛の人がいる場合は自分もなる可能性があるということを頭の片隅に置いておきましょう。

食事のバランスが乱れている

ジャンクフード


そして、食事のバランスが乱れている人も若ハゲになりやすい原因を抱えています。野菜を食べない、時間がないためさっと食べられるものを食べるなど栄養が偏っている場合は危険です。人間の体というのは、しっかりと栄養が与えられることで元気でいられます。

中でも髪の毛というのは最後の方に栄養がいきわたると言われていますから、栄養が不足していると髪の毛の成長に本来なら必要な栄養が違うところに使われてしまい、髪の毛が健やかに育たなくなってしまいます。

髪の毛を作り出しているのはタンパク質とアミノ酸、頭皮を健康に保つにはビタミンやミネラルが必要不可欠です。ですので、普段から偏った食事、さっと食べられるもの、好きなものばかり食べているようだと若ハゲになりやすくなってしまうのです。

睡眠不足になりがち

睡眠不足


また、睡眠不足になりがちな生活を送っている方も若ハゲになりやすいといえます。たまの睡眠不足なら問題はさほどありませんが、慢性的に睡眠不足になっていると薄毛やハゲの原因となってしまうのです。

睡眠をしっかりととることでストレスの解消にもつながりますし、成長ホルモンの分泌を促すことができます。ストレスがあると血管が収縮してしまい、血流が悪くなり栄養が髪の毛にいきわたらなくなってしまいます。すると頭皮が硬くなり髪の毛の成長が妨げられてしまい抜け毛を引き起こすようになります。

人それぞれ異なるものの、一日に必要な睡眠は6~7時間程度です。一日あたり5時間くらいしか睡眠時間を取ることができないという方は薄毛になりやすいので気を付けなくてはいけません。

シャンプーやコンディショナーの洗い残しがある

洗髪


そして、使用しているシャンプーやコンディショナーが合っていない、髪の毛によくない影響を与えているようなものだと、若ハゲになってしまう可能性も否定できなくなってしまいます。たくさんのシャンプーやコンディショナーが発売されていますが、その中には毛髪や頭皮に良くない成分が含まれているものもあります。

一見、髪の毛の洗浄に効果があったり、サラサラ、艶々の髪の毛になったと思えるような製品でも、実は手触りをよくするために髪の毛によくない成分が含まれていることがあるのです。これを使い続けることによって髪の毛に負担が加わり、薄毛やハゲの原因となってしまうことがあります。

「安ければ何でもいい」「どんなシャンプーやコンディショナーも同じ」と簡単に考えてしまう特徴のある人は、若ハゲになりやすいかもしれません。

ハゲに年齢は関係ない

ここまででもわかるように、ハゲてしまうのに残念ながら年齢は関係ありません。「ハゲ=中年」というイメージは一昔前のことであって、今は学生でもハゲてしまう時代です。早い場合だと10代からはげてしまうことがあるのです。まだまだ自分は若いから大丈夫などと思っていると、気づいた時にはハゲてしまっていることだってあるのです。

特に遺伝の場合、かなりの可能性でハゲてしまうことがあるので要注意です。髪の毛が薄くなってくる、ハゲが目立ってくる年齢というのは30代くらいが多い傾向にはありますが、その前から少しずつ髪の毛は抜け落ち、徐々に進行しています。髪の毛が細く弱くなっていることに早めに気づけていればいいのですが、意外にも毎日見ているからこそ気づくことができないケースが多いのが現状です。環境が変化しやすいのも20代後半から30代くらいです。もちろん、ハゲに年齢や性別は関係ないので、なってしまうときにはなってしまいます。ハゲやすいと言われている年齢ではないからといって安心せずに、自分もいつかはなってしまうかもしれないという危機感を持っていた方が日ごろからチェックができるようになります。

年齢とともに体の機能は衰えますし代謝も低下してきます。これは女性だけではなく男性も同じです。歳とって髪の毛が薄くなる、細くなる、元気がないというのは性別関係なく起こることではありますが、年齢による老化以外の原因があるからといって人格が否定されるわけでもないですし、人柄が変わってしまうというわけでもありません。しかしながら、薄毛やハゲてしまっていることがコンプレックスになって外に出ることが嫌になってしまう、人と会うのに抵抗がある、話していても頭髪を見られている気がして嫌だとネガティブな考えが浮かんできてしまうため、内向的になったりインドア派になってしまうのです。

ハゲているからといってその人と付き合ったり、話したりすることが嫌だと言う人はいません。ハゲないに越したことはもちろんありません。ですが、それも含めすべて自分なんだと受け入れていった方が自分自身もポジティブになれますし、周囲も気を遣わずに付き合っていくことができることも多いものです。若ハゲだからといって、悲観することはありません。帽子で隠したりすることもないのです。確かに、コンプレックスになりやすいですから気にならないということはまったくないでしょうが、それをネガティブにとらえずに自分の個性の一つだとできる限り捉えましょう。

若ハゲに性別は関係ない

男性も女性も性別関係なく、若ハゲを起こしたり薄毛や抜け毛を引き起こす時代になっています。生活習慣や食生活の改善に加えて、育毛剤や発毛剤を取り入れるというのもいい方法です。一昔前までは育毛剤や発毛剤というと、中高年が使うイメージが強かったのですが、最近は若い人の薄毛や抜け毛が増えてきていることもあって、若い方向けの商品も登場していきています。もちろん、数多くなる中で自分にあったものを見つけないといけないわけですから、一筋縄ではいかないところもあります。しかしながら、時間をかけてでも自分にあったものを見つけることができれば、悩みの種であった抜け毛や薄毛から解消される日もそう遠くはありません。

特に女性の場合、男性よりも薄毛の治療がしやすいと言われていますから、早めに対処するに越したことはないのです。確かに使い始めて一週間や二週間で改善できるというものではありません。早くても数ヶ月、年単位をかけて使用していくことで効果を実感することができます。継続して使っていくことで、育毛剤や発毛剤の効果は出てきますので、とにかく継続して使っていくことが大切です。

若ハゲになるの原因

一番の原因はAGA

若ハゲが起こる原因でもっとも多いのが、AGAによるものです。男性の場合大半はこのAGAが原因だと言われているくらいです。AGAの特徴として挙げられるのは、頭頂部や生え際の薄毛です。

髪の毛が徐々に細く短くなってもっと進行してしまうと産毛のような髪の毛しか生えず、ぱっと見髪の毛がないように見えてしまいます。ただ、後頭部や側頭部の髪の毛は比較的多く残るのもこのAGAの特徴だと言えます。

特に男性の若ハゲはAGAの影響を大きく受けています。男性ホルモンであるテストステロンや、頭部に多く存在している5αリダクターゼから生成されるDHTが深い関係を与えています。

ただ、女性にも男性のAGAと同じ脱毛症FAGAがありますが、男性とは違って部分的に髪の毛がなくなってしまうことはあまりありません。女性の場合、分け目や髪の毛全体が薄くなってしまいますが、どちらにも共通して言える原因というのが男性ホルモンなのです。

遺伝的要因

またハゲの場合、遺伝的なものが原因となっていることが多いのも事実です。ハゲは遺伝するなんてことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。残念ながら遺伝するのは事実です。

もちろん、親がハゲているからといって100%ハゲてしまうと決まっているわけではありません。ハゲていてもならない人もいれば、誰も親族にハゲている人がいないのにハゲてしまうこともあるのです。

食生活の乱れ

ジャンクフード


そして、食生活の乱れも薄毛や抜け毛を引き起こす大きな原因となってしまうこともあります。髪の毛が健やかに育つためには、栄養が必要です。その栄養は食べ物から得なくてはいけないのですが、食事のバランスが乱れていると髪の毛に必要な栄養を届けることができなくなってしまいます。

髪の毛に行く栄養というのは最後だと言われているくらいなので、髪の毛の優先順位はとにかく低いのです。ですから、バランスの摂れた食事を心がけるようにしていかないと、早いうちから抜け毛や薄毛に悩まされてしまうことになりかねないのです。

もちろん、同じような生活をしていてハゲてしまう人もいれば、ハゲずにずっといられる方もいます。なぜこのようなことが起こるのかというと、ハゲは個人差がかなり大きいからです。頭皮の環境が悪いかいいかなんて、パッと見てわかるということは少ないのが事実です。

かゆみがあったりフケが出ているなど目に見える症状があればまだ気にするのですが、そういった症状がみられない場合、自分の頭皮や毛髪に何が起こっているのかなんて知りもできないのです。

悲しいことに、ハゲやすい生活を送っているにも関わらず髪の毛がふさふさな方もたくさんいます。どんなに生活習慣や食生活に気を付けていたとしても、徐々に髪の毛が抜けてハゲてしまう人もいます。個人差がかなりあり、同じような形でハゲてしまっていたとしても原因は人それぞれ異なります。なぜ、自分がハゲてしまったのか、薄毛や抜け毛に悩まされているのか原因をしっかりと追究しない限り、適切な対処方法を取り入れることはできません。

若はげを防止と対策はこれ!

生活習慣の改善

食事をする女性

若ハゲをの防止と予防、改善するには日ごろの生活習慣を見直すということが先決になってきます。おいしいものが手軽に買えるコンビニやスーパーでよく食事を調達されている方は、それがいけないというわけではありませんが、野菜も一緒に食べるように工夫をしましょう。

中でも大豆製品は積極的に取り入れたいところです。大豆には女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用をもったイソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンはエストロゲンと似たような働きをしてくれることから、男性ホルモンの働きを抑制してくれる効果が期待できます。

その他にも、ビタミンEを豊富に含んでいるナッツ類やかぼちゃ、果物に多く含まれるビタミンC、レバーなどのビタミンA、牛乳に多いビタミンB2、ビタミンB6などさまざまな栄養が髪の毛の成長には必要不可欠となります。

睡眠をしっかり摂る

睡眠


そして、睡眠をしっかりと摂るということも薄毛や若ハゲの予防につながります。睡眠にゴールデンタイムという時間帯があることを知っている方も多いのではないかと思いますが、このゴールデンタイムと言われる22時から夜中の2時くらいにかけて就寝できると、成長ホルモンの分泌が促されるので髪の毛のダメージを修復したり成長させたりといったことができるようになります。

さらに睡眠をしっかりととることは、実はストレスの解消にもつながるということをご存知でしょうか。ストレスからホルモンのバランスが乱れ、薄毛になってしまうことも多いことから、ストレスは髪の毛に大敵な存在であるのはいうまでもありません。そして寝不足になると頭皮の皮脂の分泌のバランスも乱れてしまうことがあるため、皮脂が毛穴のつまりを引き起こし、頭皮の環境を悪くさせてしまうこともあります。

髪の毛に合ったシャンプーやコンディショナーを選ぶ

加えて、シャンプーやコンディショナーも自分の頭皮や髪の毛にあったものに変えていくことが必要となってきます。ドラッグストアなどを見てみても何段もの棚に端から端まで違う種類の商品が陳列されています。

それぞれにうたい文句も違って、どれも使ってみたくなるものではありますが、どれを手に取るかによって頭皮や髪の毛の環境が変わるといっても言い過ぎではありません。中には髪の毛に負担となってしまう成分が含まれているものもないわけではありません。

どのシャンプーを使ったらいいのか、どういった成分が含まれていると良くないのか、それをチェックしたうえで自分自身の髪の毛の悩みを改善できるシャンプーやコンディショナーを手に取るようにしましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージ


そして、自宅で自分で簡単にできる若ハゲの予防と対策でオススメできるのが、頭皮マッサージです。お風呂に入りながら、お風呂に入った後、頭皮が柔らかくなっている状態で行うのがポイントです。

頭の全体を手のひらを広げた状態で包み込み、すべての指の腹を使って頭皮をほぐすようにマッサージしていきます。このとき爪を立ててマッサージをしてしまうと頭皮を傷つけてしまいますので、優しく指の腹を使って行うようにしましょう。

毎日数分でも行っていくことで頭皮の血流がよくなって健やかな頭皮と毛髪を育てることができます。

禁煙

タバコ


最近は禁煙がブームになりつつありますが、それでも喫煙している男性も女性もいます。タバコを吸うことは発がん性物質を体内に取り込んでいるのと同じですから、体にいいワケはありません。

しかもタバコを吸うと血管が収縮してしまって血流が悪くなります。血流が悪くなるということは、髪の毛に必要な栄養がいきわたらなくなってしまうということなので、薄毛を助長させてしまいます。ですので、できることであれば禁煙をした方が薄毛や抜け毛対策につながるのです。

タバコはやめられないものの一つでもあるので、すぐに禁煙ができるということは少ないのも事実ですが、タバコこそ、百害あって一利なしですから、少しずつ禁煙できる方向で進めていくことを心がけていきましょう。

医師に相談する

そして、最後に薄毛や抜け毛対策をしていても改善傾向に向かわない方、自分に合っている改善方法が見つからないという方は、医師に相談をするという方法もいいでしょう。薄毛や抜け毛に関する悩みや相談というのは、基本的に皮膚科で行うことができます。

そのまま皮膚科において薄毛やハゲの治療を行っていくことも可能ですから、不安がどうしても消えない、心配だと言う方は医師に相談をしていきましょう。医師に相談して皮膚科での治療により専門の薬を出してくれるとはいっても、すぐに効果が実感できることは少ないかもしれません。

その人の状況によって異なるところがありますので一概には言えませんが、皮膚科での治療もやはり時間を必要としますので、定期的に来院しなければいけない時は必ず行くようにしましょう。

自分に合った方法でできることから始めよう

若ハゲになりかけている方も、薄毛や抜け毛の予防をしたい方も、何をこれから行っていくかによって数か月後、1年後の髪の毛の状態は必ず変わってきます。何もしなければもっと進行していくかもしれません。

ですが、できることをできるところから始めていくこと、自分に合った方法を見つけて取り入れていくことで、明るい未来が待っているのです。毎日鏡で見ているわけですから、少しずつ進行していくような薄毛や若ハゲは気づいたらなっていたということがほとんどです。

できることなら症状がでないうちから予防と対策に講じていくことをオススメしますが、もちろん今薄毛や抜け毛の悩みに直面されている方でも、これから対策や予防を講じていくことは遅いわけではありません。

ぜひ、やれること、できることを今日から取り入れていきましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ