今さら聞けないフィナステリドとプロペシアの違いって?

困り顔の女性

薄毛について調べていると、本当にいろいろなキーワードが出てくるものです。その中でもフィナステリドプロペシアについて、その違いがわからないという方も多いのではないでしょうか?このあたりは確かに複雑なので混乱してしまっても仕方がありません。

ただ、薄毛を改善したいのであればフィナステリドとプロペシアの違いはわかっておかなければいけません。冷静に整理していけば難しいことはありませんので、この機会にフィナステリドとプロペシアの違いについてしっかりと理解していきましょう。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

AGA治療におけるフィナステリドとプロペシアの違いって?

AGAとして知られる男性型脱毛症の治療において、フィナステリドとプロペシアというのは頻繁に登場するものです。では、フィナステリドとプロペシアには具体的にどのような違いがあるのでしょうか。結論から言ってしまうと、フィナステリドは成分でプロペシアは薬です。

フィナステリドというのは、男性型脱毛症の治療における有効成分です。テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう5α-リダクターゼという酵素の働きを妨げることによって、男性型脱毛症の進行を食い止めます。フィナステリドはあくまでも成分の名前なのです。

一方で、プロペシアというのはフィナステリドと主成分とする薬の名前です。フィナステリドは成分の名前で、プロペシアは薬の名前なのです。男性型脱毛症において、貴重な治療薬のひとつです。

気になるフィナステリドとプロペシアの副作用について!

フィナステリドは成分の名前で、プロペシアは薬の名前であることがわかりました。では、フィナステリドとプロペシアの副作用というのはどうなっているのでしょうか。基本的にプロペシアの主成分はフィナステリドですから、フィナステリドとプロペシアの副作用というのはほぼ同じです。ただ、副作用がほぼ同じというのはあくまでも男性型脱毛症の治療をおこなう場合の話です。

プロペシアは基本的に男性型脱毛症の治療の薬なのですが、フィナステリドは男性型脱毛症以外にも使われます。男性型脱毛症以外にフィナステリドを使う場合には、毛が生えてくるというのも副作用にあたるでしょう。それ以外はほぼ同じ副作用になるのですが、具体的に挙げてみたいと思います。

性的な問題

まず、副作用として挙げられるのが性的な問題です。男性の場合、性欲の減退やEDで知られる勃起機能障害といったものが副作用として起こる可能性があります。他にも、精子の減少なども起こる可能性がありますが、どれも発症率というのは高くありません。

ただ、パートナーがいる男性にとってはこの副作用というのはかなり重大です。これから子作りをしようと考えている方にとって、この副作用は確実に子作りの邪魔をします。子作りを終えてから、男性型脱毛症の治療をおこなっていったほうがいいでしょう。

ちなみに、性的な問題というのは副作用以前に男性のメンタルも大きく関係してきます。「副作用で子作りできなくなったらどうしよう・・・」と考えていると、本当にそうなってしまう可能性もあります。気にし過ぎないことも大切です。

うつ症状

副作用として、うつ症状も挙げられます。注意しておきたいのがうつ病ではなく、あくまでもうつ症状であるということです。副作用でいきなりうつ病になるわけではありませんので、その点は安心してください。

うつ症状としては、気分が落ち込んでしまう、イライラしてしまうといったことが挙げられます。もともと男性ホルモンがやる気や活気を促進してくれるものですので、副作用としてうつ症状が出てきてもおかしくはありません。早めにお医者さんに相談すれば大丈夫でしょう。

肝機能への影響

副作用としては、肝機能への影響も考えられます。薬というのはどのようなものであっても、肝臓に負担をかけるものです。もともと肝臓が弱くて、肝機能に影響の出やすい方というのは薬の服用によって肝機能が低下してしまうということも可能性としてはあるのです。

肝機能に問題がないという方でも、風邪を引いているときや疲れ切っているときというのはやはり肝機能が低下しているものです。体質などの問題もありますので、事前の検査はもちろん、日頃から肝臓を気にかけた生活を送っておきたいものです。不安のある方はお医者さんに相談しましょう。

フィナステリド配合の治療薬はどう選べばいいの?

フィナステリドは成分で、プロペシアはフィナステリドを主成分として治療薬です。ただ、フィナステリドの配合された薬というのはプロペシアだけではありません。他にも選択肢があるのです。では、その中でどのように薬を選んでいけばいいのでしょうか。

基本的にはプロペシアを選び、プロペシアがダメならプロペシアのジェネリックを選ぶという形になります。当たり前のことですが、ジェネリックはあくまでも日本製のものを選ぶようにしましょう。もともと日本で男性型脱毛症の治療薬として認められているのは、プロペシアとそのジェネリックだけなのです。

ジェネリックには海外製のものもあるのですが、日本製のもののほうがやはり安全性は上です。もちろん、他にもフィナステリドが配合されている薬を入手することはできるかもしれません。ただ、基本的にはプロペシアと日本製のジェネリック以外には大きなリスクがあるものと思っておいたほうがいいでしょう。

フィナステリド配合治療薬にはどんなものがあるの?

フィナステリドが配合されている薬はプロペシア以外にもあるという話をしました。そこでジェネリックが登場してきたのですが、ジェネリックにも日本製のものと海外製のものがあります。ここでは、フィナステリド配合治療薬ということで具体的に名前を挙げていきたいと思います。

たとえば、日本製のジェネリックであればファイザーのフィナステリド錠やトーワのフィナステリド錠、サワイのフィナステリド錠といったものが挙げられます。一方で、日本では未承認の海外製品としてフィンペシアやエフペシア、フィナロといったものが挙げられます。フィナステリド配合治療薬となったときには、これらが候補として挙がってくるのです。

まとめ

フィナステリドは男性型脱毛症における有効成分で、プロペシアはそのフィナステリドを主成分としている治療薬です。ただ、フィナステリドが含まれている薬というのはプロペシアだけではありません。フィナステリドのジェネリックもあるのです。

さらに、そのフィナステリドのジェネリックにも日本製のものと日本では未承認となっている海外製のものがあります。男性型脱毛症のために薬を選ぶとなったときには、そのリスクを考えるとプロペシアと日本製のジェネリックの2択ということになってくるでしょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ