薄毛で悩んでいるなら知っておこう!5αリダクターゼとは?

薄毛で悩んでいる男性は多いかと思います。ただ、その悩みを人に相談するといったことは難しいでしょう。そのため、誰かに相談する前に自分で徹底的にリサーチするという方も少なくありません。

薄毛についてリサーチしていると、「5αリダクターゼ」という言葉をよく見かけるかと思います。実は男性の薄毛には、この5αリダクターゼというものが関係していることが多いのです。ここでは、5αリダクターゼとは何なのかについて詳しくお話ししていきたいと思います。

※万が一、満足できなければ全額返金保証いたします!

そもそも5αリダクターゼとは何か?

まずは、5αリダクターゼとは何なのかというところからお話ししていきましょう。5αリダクターゼというのは、男性ホルモンの一種であるテストステロンをより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変えてしまう酵素です。5αリダクターゼには1型と2型があり、2型5αリダクターゼのほうがより強力なジヒドロテストステロンを生成するとも言われています。

AGAとして知られている男性型脱毛症というのは、テストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変えられてしまうのが原因だと言われています。ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びついて、正常なヘアサイクルを乱してしまいます。

5αリダクターゼはどこにある?

テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう5αリダクターゼなのですが、そもそもこの5αリダクターゼはどこにあるのでしょうか?1型5αリダクターゼは全身の皮脂腺に、2型5αリダクターゼは前立腺と生え際から頭頂部の毛乳頭に存在します。

1型5αリダクターゼは皮脂腺に多く存在しているということもあり、皮脂の分泌が多い方は1型5αリダクターゼの分泌が多いとも言えるでしょう。一方で、2型5αリダクターゼは毛乳頭に多く存在しているので、2型5αリダクターゼの分泌が多いと髭や体毛が濃くなりやすい傾向にあります。また、生え際から頭頂部で薄毛が起こっている場合には2型5αリダクターゼの影響を受けていると考えていいでしょう。

5αリダクターゼはどんな役割を担っているの?

ここまでの話だと、「5αリダクターゼめ・・・何してくれてやがる!」と思ってしまう方もいるでしょう。しかしながら、5αリダクターゼには5αリダクターゼならではの存在意義があるのです。

男性ホルモンであるテストステロンは、男性を男性らしくするために必要なものです。5αリダクターゼは、このテストステロンを補助してくれるのです。つまり、男性が男性らしくいるためには必要なものなのです。

ただ、たまたま髪においては悪く作用してしまうというだけの話なのです。存在するものは仕方ありません。だからこそ、5αリダクターゼとテストステロンが結合しないようにしていくことが大切なのです。

5αリダクターゼの分泌メカニズムはどうなっているの?

5αリダクターゼの分泌メカニズムなのですが、もとも5αリダクターゼの分泌量には個人差があります。実は、この分泌量というのは遺伝によって決まると考えられています。5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性遺伝子と呼ばれるものだそうです。

ご両親のどちらか一方でも5αリダクターゼの活性がある遺伝子を持っていれば、それはお子さんにも受け継がれることになります。要は、今薄毛に悩んでいる男性で5αリダクターゼの活性がある遺伝子を持っている方は、ご両親から受け継いでいるということになります。

5αリダクターゼの抑制するためにはコレ!

AGAで知られる男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンを作ってしまう5αリダクターゼなのですが、やはりこの5αリダクターゼを抑制して薄毛を防ぎたいものです。実際に男性型脱毛症の治療でも5αリダクターゼの抑制は大きなポイントになってきます。

5αリダクターゼの抑制というと難しく感じる方もいるでしょう。しかしながら、5αリダクターゼを抑制してくれるものは薬を含めていろいろなものがあります。以下にご紹介していきたいと思います。

フィナステリド

フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬にも含まれています。2型5αリダクターゼの働きを抑制する効果のある有効成分として重宝されています。フィナステリドが含まれている治療薬として有名なのは、やはりプロペシアでしょう。

フィナステリドの含まれているものを個人輸入するといったことも不可能ではありませんが、リスクが高いです。フィナステリドを試してみたいのであれば、やはりお医者さんで処方してもらうようにしましょう。

キャピキシル

キャピキシルは、ミノキシジルの3倍もの成長力を持っていると言われている成分です。育毛に効果的な成分であるイソフラボン類が豊富に含まれています。その中のピオカニンAというものが5αリダクターゼを阻害してくれると言われています。

キャピキシルは最近注目の成分ということもあり、育毛剤などでも配合されているものが多くなっています。手始めにキャピキシルの含まれている育毛剤で様子を見るという形でもいいのではないでしょうか?もちろん、相性はあるでしょうが、気軽に取り入れられる成分です。

オウゴンエキス

コガネバナという植物があるのですが、その根っこの部分を乾燥させたものが「オウゴン」と呼ばれます。そして、そのオウゴンから抽出されたエキスが「オウゴンエキス」と呼ばれます。直接頭皮に塗ることによって、5αリダクターゼの生成を抑制してくれると言われています。

人気の育毛剤には必ずといっていいほど配合されています。最近ではシャンプーなどにも含まれていますので、ヘアケア用品で取り入れていくようにしましょう。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシというと試したことのない方でも漠然と「男の味方」というイメージを持っているのではないでしょうか?ノコギリヤシは実際にその昔から男性の滋養強壮に効果のあるものとして親しまれてきました。

ノコギリヤシにはβシトステロールやオクタコサノール、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などが含まれており、その中でもβシトステロールやオクタコサノールには、5αリダクターゼの抑制する働きがあると言われています。育毛剤にもよく配合されています。もちろん、サプリメントなどでも摂取することができます。

亜鉛

生牡蠣やレバーなどに豊富に含まれているのが亜鉛です。体の中で分解されたアミノ酸を髪の材料となるケラチンに再合成するために欠かせない成分になります。亜鉛には5αリダクターゼを抑制する作用もあると言われていますので、意識して摂取していきましょう。

もともと亜鉛というのは不足しやすい栄養素です。吸収率も悪い栄養素なので、サプリメントなどで効率的に摂取することも必要でしょう。もちろん、食事で意識して摂取することも忘れないようにしておきたいものです。

その他の植物由来成分

納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品に豊富に含まれているイソフラボンも5αリダクターゼの働きを阻害してくれると言われていますし、アロエに含まれているアロインという成分も5αリダクターゼを阻害すると言われています。また、ミカンの皮に含まれているd-リモネンという成分にも5αリダクターゼを抑制する作用があると言われています。

このあたりの植物由来の成分は育毛剤やシャンプーなどのヘアケア用品に含まれていることが多いです。アロエなどは直接頭皮に塗ることもできなくはないのですが、成分が含まれているからといってそのまま素材を塗り付けるよりはやはり製品化されているもののほうが安心です。気を付けておきましょう。

まとめ

5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変えてしまう酵素です。ジヒドロテストステロンがAGAで知られる男性型脱毛症の原因にもなっていることを考えると、やはり5αリダクターゼを抑制することを意識していきたいものです。ただ、5αリダクターゼには5αリダクターゼできちんと存在意義がありますので、その点は理解しておきましょう。



薄毛にお悩みの方へ
最近、「生え際が気になってきた」「髪にコシが無くなってきた」「明らかに頭頂部が薄い…」といった兆候はありませんか?髪の悩みは一度疑い始めると気が気でいられないでしょう。

数々の育毛剤・育毛サプリメントを試してみたけれど、効果がイマイチ現れないと、お悩みのあなたに必見!確実な育毛促進効果が期待できる「チャップアップ」がオススメです!
No.1育毛剤「チャップアップ(CHAP UP)」
今、一番売れている育毛剤です!
今から育毛スタート

チャップアップは数ある育毛剤の中でも育毛促進、フケやかゆみの抑制といった育毛促進効果が認められている育毛剤です。

ドラッグストアで売られている育毛剤とは異なり、有効成分の種類が豊富であるため確実な効果が期待できます。

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIといった3種類の有効成分に加え、ビワ葉エキス、シナノキエキス、ニンジンエキスなどの天然成分55種類、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウなど15種類のアミノ酸を配合。

天然由来の成分により身体への影響が抑えられているため、どのような方にでもオススメできる育毛剤です!
詳細はこちら ご購入はこちら
永久返金保証なので満足出来なかった場合でも安心です
サブコンテンツ